面返還成し遂げたいが
対立はぜひ避けたい」防衛相

アメリカ軍普天間基地の移設計画をめぐる政府と沖縄県の協議が平行線に終わり、沖縄県が「国地方係争処理委員会」に審査を申し出たことについて、岩屋防衛大臣は、引き続き移設に理解を得る努力を続けるとともに、計画を前に進める考えを示しました。

アメリカ軍普天間基地の移設計画をめぐる政府と沖縄県の協議が平行線に終わったことを受けて、政府は、名護市辺野古の埋め立て予定地への土砂の投入を早ければ、来月中旬に開始したい考えです。

一方、計画に反対する沖縄県は29日、国と地方の争いを調停する「国地方係争処理委員会」に審査を申し出ました。

これについて岩屋防衛大臣は、閣議のあとの記者会見で「県との協議は残念ながら考えを一致させるには至らなかった。私どもとしては、一日も早く普天間基地の危険性を除去し、全面返還を成し遂げたい。ただ、対立はぜひ避けたい」と述べ、移設に理解を得る努力を続けるとともに、計画を前に進める考えを示しました。

また、埋め立てに必要な土砂を運ぶために必要な沖縄県本部町の港の使用許可が得られていないことについて、「事業者と本部町の間で協議を行っていると報告を受けており、ぜひ、実現してほしい」と述べました。