本のEEZで漁船に移動
求めた韓国「再発防止務める」

日本海のEEZ=排他的経済水域で操業していた日本の漁船が、韓国の海洋警察庁の警備艦から、ほかの水域に移動するよう求められたことについて、菅官房長官は日本側の抗議に対し、韓国側から再発防止に努めるなどとした回答があったことを明らかにしました。

日本海のEEZ=排他的経済水域で操業していた日本の漁船が20日、韓国の海洋警察庁の警備艦から操業を停止し、ほかの水域に移動するよう無線で求められました。

これについて、菅官房長官は午後の記者会見で「韓国警備艦による日本漁船への一連の行動は明らかに日韓漁業協定に反しており、断じて受け入れることはできない。韓国側に強く抗議するとともに再発防止策を求めた」と述べました。

そのうえで、菅官房長官は「韓国外交部より、『海洋警察庁の警備艦が日本の漁船に対し、管轄権を行使したことは遺憾であり、再発防止に努めたい』旨の反応があった。いずれにしろ政府としては日韓漁業協定に基づいて適切に対応していきたい」と述べました。