立民 泉代表 日本酒渡した梅谷議員“本人が必要に応じ説明を”

立憲民主党の泉代表は、有権者に日本酒を渡したことが分かった梅谷守衆議院議員について党で事実確認を進めているとしたうえで、梅谷氏本人が必要に応じて説明すべきだという考えを示しました。

衆議院新潟6区選出で、立憲民主党の梅谷守衆議院議員は1月、選挙区内の新潟県上越市で行われた町内会の行事で、有権者に日本酒を渡したことが分かり、20日「出席の対価と認識していたが、軽率だったと深く反省している」と陳謝しました。

これについて、立憲民主党の泉代表は記者会見で「幹事長が情報収集と事実確認をしていて、さらに何か判明する事実があれば、厳正に対処しなければならない。本人が説明責任を果たし終えているとは考えておらず、今後も必要があれば説明すべきだ」と述べました。

そのうえで、梅谷氏が衆議院予算委員会の委員を辞任したことを明らかにし「今回の事案の重みを、本人も党も重く受け止めている。ただ、この件があったから国会での論戦を緩めるというものではない」と述べました。