山地方創生相
また記載漏れ発覚で陳謝

片山地方創生担当大臣は、閣議のあとの記者会見で、みずからが代表を務める2つの政治団体の政治資金収支報告書に記載漏れがあることが新たに分かったとして陳謝し、7日までに確認できた内容を公表する考えを示しました。

この中で、片山地方創生担当大臣は、みずからが代表を務める東京都の自民党の支部が、平成26年と28年に2つの政治団体から受け取った合わせて20万円の献金を政治資金収支報告書に記載していなかったことが分かったとして報告書を訂正したことを明らかにしました。

さらに、片山大臣は、この自民党の支部と、みずからが代表を務める政治団体「山桜会」の収支報告書にも、記載漏れがあることが新たに分かったとして陳謝したうえで、7日までに確認できた内容を公表する考えを示しました。

片山大臣は、先月31日にもこの自民党の支部の収支報告書に270万円余りの記載漏れがあったとして報告書を訂正しています。

立民 蓮舫参議院幹事長「何度目なのか」

立憲民主党の蓮舫 参議院幹事長は、記者団に対し、「何度目なのか。いくつも政治団体を持っていると事務的な整理が大変なのかもしれないが、あまり重なると信頼ということにもつながると思うので、これ以上、ないことを望みたい」と述べました。