安倍派 萩生田前政調会長が陳謝 キックバック分など2728万円不記載

派閥の政治資金パーティーをめぐる事件を受けて、自民党安倍派の萩生田前政務調査会長は記者会見し、パーティー券の販売ノルマを超えて集めた収入など2700万円余りを政治資金収支報告書に記載していなかったことを明らかにし、陳謝しました。

自民党安倍派の「5人衆」と呼ばれる有力議員で常任幹事会のメンバーの萩生田 前政務調査会長は、22日、国会内で記者会見しました。

冒頭、萩生田氏は「幹部の1人として国民に多大な政治不信を招いてしまったことを心からおわび申し上げたい」と陳謝しました。

その上で、販売ノルマを超えて集めたパーティー券収入について、派閥からのキックバックと派閥側に納入していない分を合わせて、おととしまでの5年間で2728万円を収支報告書に記載していなかったことを明らかにしました。

そして、これまでに支出したおよそ955万円の使いみちについては、国会議員や外国の要人、マスコミ関係者などとの会合費や、海外に出張した際の活動費だと説明しました。

萩生田氏は「派閥事務局から収入・支出ともに記載を禁じられていた。会計に関することは詳細まで把握していなかったが、積極的に把握と指導に努めるべきだった。大変反省している」と述べました。

また「事務総長経験者でもなく、常任幹事会のメンバーに就任したのは去年であり、これまでのパーティーの開催概要や派閥運営に関してどのようなやり取りがあったのかなどは存じ上げない」と釈明しました。

さらに安倍派が解散を決めたことについては、「異論はない。人事や選挙、資金の支援に目的が変容し、会長も不在で、ガバナンスについて申し上げる立場にないくらいガバナンスがなかった」と述べました。

一方、国会議員を辞職する考えはないか問われ、「政治的な責任のとり方はいくつかあるが、問題が発生した段階で党四役を辞した。信頼回復に全力を挙げ、仕事をもってきちんと評価してもらえるよう頑張りたい。現時点で議員辞職の考えはない」と述べました。