“岸田派解散は けじめをつけるため判断した”岸田首相

岸田総理大臣は自民党の「政治刷新本部」の会合で、先に岸田派を解散する意向を示したことについて、派閥の政治資金パーティーをめぐる事件を踏まえ、けじめをつけるため判断したと説明しました。

派閥の政治資金パーティーをめぐる事件を受けて、自民党は22日、派閥のあり方などを議論するため党本部で「政治刷新本部」の会合を開きました。

この中で岸田総理大臣は、先に岸田派を解散する意向を示したことについて「派閥として、どうけじめをつけるのかということで解散を判断した」と説明しました。

そのうえで「それぞれの派閥の関係者がみずからどのようにけじめをつけるのか、どのように説明責任を果たすのかは大変重要なことだ」と強調しました。

そして「『政治刷新本部』では並行して、党として、どういった方向性を目指すのか、さらにはどういったルールを決めるのか方針を議論していく。これらはともに大事なことだ」と述べ、派閥ごとの対応と、党としての再発防止策の構築の両方が重要になるという考えを示しました。