大阪府知事選挙 吉村洋文氏 2回目の当選 6人の争い制す

現職と新人、あわせて6人の争いとなった大阪府知事選挙は、大阪維新の会の現職の吉村洋文氏が2回目の当選を果たしました。

大阪府知事選挙の開票結果です。

吉村洋文、大阪維新の会、現。当選。243万9444票。

谷口真由美、無所属、新。43万7972票。

辰巳孝太郎、無所属、新。26万3355票。

吉野敏明、参政、新。11万4764票。

佐藤さやか、政治家女子、新。3万2459票。

稲垣秀哉、諸派、新。2万2367票。

大阪維新の会の現職の吉村氏が、ほかの候補を抑え、2回目の当選を果たしました。

吉村氏は、大阪府出身の47歳。弁護士で、大阪市議会議員や衆議院議員を経て、平成27年の大阪市長選挙で初当選し、3年余り市長を務めました。

そして、平成31年に大阪府知事だった松井一郎氏とともに辞職し、入れ代わる形で知事選挙に立候補して初当選しました。

今回の選挙で、吉村氏は、新型コロナへの対応などにあたった1期4年の実績を強調するとともに、大阪府と大阪市が一体となって成長戦略を進めていくことや、所得制限のない高校授業料の無償化を実現することなどを訴えました。

吉村氏は「改めて、身の引き締まる思いだ。府民の皆さんと約束したことを必ず実行し、大阪を成長させたいという強い思いをもって、次の任期4年、しっかり頑張っていきたい」と述べました。

投票率は、46.98%で前回・4年前の選挙に比べて2.51ポイント低くなりました。

大阪市長選挙 維新 横山英幸氏 当選 新人5人の争い制す

新人5人の争いとなった大阪市長選挙は、大阪維新の会の新人で元府議会議員の横山英幸氏が初めての当選を果たしました。横山氏は、政令指定都市の現職の市長で、最も若い市長となります。

大阪市長選挙の開票結果です。

横山英幸、大阪維新の会、新。当選。65万5802票。

北野妙子、無所属、新。26万8227票。

山崎敏彦、無所属、新。4万5369票。

荒巻靖彦、無所属、新。3万960票。

ネペンサ、無所属、新。1万5408票。

大阪維新の会の新人の横山氏が、ほかの候補を抑え、初めての当選を果たしました。

横山氏は、香川県出身の41歳。大阪府の職員を経て、平成23年の大阪府議会議員選挙で初当選し、3期務めました。現在、大阪維新の会の幹事長を務めています。

今回の選挙で、横山氏は、維新による市政を継続させ、大阪府と大阪市が一体となって成長戦略を進めていくことのほか、0歳から2歳までの保育料無償化や、子どもの塾代の助成で所得制限を撤廃することなどを訴えました。

横山氏は「成長戦略と財政改革の必要性、それをもとにした教育無償化を訴えて、多くの皆さんからご支援いただき、大変ありがたく思っている。全力で市政運営にあたっていきたい」と述べました。

投票率は、48.33%で、前回・4年前の選挙に比べて4.37ポイント低くなりました。

歴代の政令指定都市 最年少市長は

政令指定都市の歴代の市長のうち、就任時の年齢が最も若かったのは、平成21年に千葉市長に就任した熊谷俊人氏で31歳。次いで福岡市の高島宗一郎市長の36歳、平成14年に横浜市長に就任した中田宏氏の37歳となっています。