共産党 長崎新聞社への抗議「行き過ぎた対応」撤回し謝罪

共産党は「党首選挙」を行うべきだと主張し、除名処分となった元党職員のインタビュー記事を掲載した長崎新聞社に抗議したことは「明らかに行き過ぎた対応だった」として撤回し、新聞社に謝罪しました。

共産党長崎県委員会は、すべての党員が投票して委員長を選ぶ「党首選挙」を行うべきだと主張し除名処分となった元党職員のインタビュー記事を掲載した長崎新聞社に対して、3月9日「事実に基づかない内容で到底容認できない」として抗議しました。

これについて小池書記局長は、13日の記者会見で「抗議は党中央としての方針ではなく、明らかに行き過ぎた対応だった。党長崎県委員会が長崎新聞社に対して抗議を撤回し、謝罪した」と説明しました。

そのうえで、党本部の関係者や長崎県委員会、抗議をしたという記事を掲載した党の機関紙「しんぶん赤旗」の編集委員会に、注意したことを明らかにしました。

小池氏は「言論の自由は断固として守るのが党の基本的な方針だ。事実と違うことがあればきちんと反論していくが、今回の抗議という組織的な対応は適切ではなかった。これからの教訓にしていきたい」と述べました。