東京 杉並区 初の住民「参加型予算」試行実施へ パリで事例

東京・杉並区は、予算編成にあたって区民から提案や意見を募る、いわゆる「参加型予算」の取り組みを、都内の区市町村で初めて、試行的に実施する方針です。

「参加型予算」は、予算編成の際、住民から提案を募集したり、複数の提案の中からよいと思うものを投票してもらったりして、その意思を反映させる取り組みです。

杉並区は、国産木材の利活用など森林保全に関する基金の使いみちを、新年度インターネットなどを通じて提案を募集し、ネット投票などで決めていくことを想定しているということです。

杉並区の岸本聡子区長は「区民に意見を言ってもらったあとに、しっかり結果につなげることが大切だ。『参加型予算』はそのための具体的な手法だ」と述べています。

区によりますと、「参加型予算」は海外ではパリなどで事例があり、東京都でも平成30年度の予算編成から導入されていますが、都内の区市町村では試行的な実施自体、初めてだということです。