知床 観光船沈没 船体が海底に落下 観光船事業許可取り消し方針

北海道の知床半島沖で観光船が沈没した事故で、現場の海底から海面の下20メートル程度までつり上げられ、海中につられた状態のまま作業船で運ばれていた船体が、24日午前、北海道斜里町沖で落下しました。
水深182メートルの海底に沈んでいることが確認され、海上保安庁などが詳しいいきさつを調べるとともに、再び引き揚げに向けた作業ができないか検討しています。

知床半島の沖合で観光船「KAZU 1」が沈没した事故で、現場では23日、水深およそ120メートルの海底から、船体をつり上げる作業が行われました。

船体は、海面の下20メートル程度の海中につられた状態のまま作業船で運ばれていましたが、海上保安庁によりますと、24日午前10時すぎ、北海道斜里町のウトロ港からおよそ11キロ西の沖合で、落下しているのがわかったということです。

作業船を運航するサルベージ会社は、運航中に海中の船体の状況を水中カメラで点検していて、午前8時の時点で異常はなかったものの、10時に船体がなくなっているのがわかったということです。

その後、現場海域を水中カメラで捜索したところ、午前11時半すぎに深さ182メートルの海底に沈んでいるのが確認されたということです。

落下した原因はわかっていませんが、船体は船底を下にした状態で沈没していて、水中カメラで確認するかぎり大きな損傷はなく、原型をとどめているということです。

海上保安庁などが詳しいいきさつを調べるとともに、再び引き揚げに向けた作業ができないか検討しています。船体は、早ければ24日に作業船の上に引き揚げられ、最終的には網走港に陸揚げされる予定でした。

知床沖 沈没事故 観光船事業の許可 取り消し方針を決定 国交省

北海道の知床半島沖で観光船が沈没した事故で、国土交通省は運航会社に対し、出航判断の基準を順守しないなど海上運送法の違反が確認されたとして、観光船事業の許可を取り消す最も重い行政処分を行う方針を決めました。
社長が虚偽の届け出を国に行っていたことも判明し、事業を継続させれば再び重大な事故を起こすおそれがあると判断したとしています。

知床半島の沖合で観光船「KAZU 1」が沈没した事故で、国土交通省は運航会社「知床遊覧船」に対して特別監査を行い、事故当日の運航体制などについて調査をしてきました。

その結果、出航判断の基準を順守していなかったことや、運航管理者などが会社を不在にするなど、安全管理体制が不十分だったこと、運航中の定点連絡が行われていなかったこと、通信設備に不備があったことなど、海上運送法に基づく安全管理規程の違反が17件、確認されたということです。

さらに運航管理者として選任されていた社長について、実務経験が全くなく国に対して虚偽の届け出を行っていたことも判明したとしています。

国土交通省は、こうした違反を踏まえ、事業を継続させれば再び重大な事故を起こすおそれがある判断し、観光船の事業の許可を取り消す方針を決めました。

事業許可の取り消しは最も重い行政処分で、国土交通省は会社側の言い分を聞く聴聞を開いたうえで処分を行うことにしています。

斉藤国土交通大臣は「特別監査の結果を踏まえ、今回のような悲惨な事故を二度と起こさないよう、徹底的な安全対策の検討を進めていく」と述べました。