行政学者の新藤宗幸さん死去 日本自治学会会長など歴任

行政学者として活躍した千葉大学名誉教授の新藤宗幸さんが今月13日に亡くなりました。
75歳でした。

新藤さんは行政学が専門で、立教大学や千葉大学で教授を務めたほか、日本自治学会の会長や都市政策の調査研究を行う後藤・安田記念東京都市研究所の理事長などを歴任しました。

主な著作に「地方分権」、「『主権者教育』を問う」などがあり、市民主体の行政を唱えて時には厳しく行政や政治の問題を指摘しました。

去年、政治と専門知をテーマにした「権力にゆがむ専門知」を出版するなど活動を続けていましたが、今月13日に肺がんのため亡くなりました。

75歳でした。