自民 石原氏 雇用調整助成金
約60万円 全額返納し陳謝

先に内閣官房参与を辞職した、自民党の石原元幹事長は、みずからが代表の党支部が受け取っていた雇用調整助成金60万円余りを、全額返納したと発表しました。

自民党の石原元幹事長は、みずからが代表の党支部が去年、国の雇用調整助成金合わせて60万円余りを受け取っていたことが明らかになり、与野党から批判が出たことなどを踏まえ、今月10日、内閣官房参与を辞職しました。

これについて石原氏は23日、文書を発表しました。

この中では「世間をお騒がせし、皆様には大変ご迷惑をおかけしました」と陳謝したうえで、支部が受け取っていた助成金60万円余りを全額返納したことを明らかにしました。

また、内閣官房参与の給与は一切受け取っていないとし「誤解を招くような点に関しては、これからも改善に努力していく」としています。