寿都町長選 現職が6当選
核のごみ処分場の調査継続へ

いわゆる「核のごみ」の最終処分場の選定をめぐり、調査が行われている北海道寿都町の町長選挙で、調査の継続を訴えた現職が反対を掲げた新人を抑えて6回目の当選を果たしました。処分場の選定に向けて国が後押ししてきた調査は、今後も続行される見通しとなりました。

寿都町長選挙の開票結果です。

▼片岡春雄、無所属・現、当選、1135票

▼越前谷由樹、無所属・新、900票

現職の片岡氏が、前の町議会議員の越前谷氏を抑えて、6回目の当選を果たしました。

投票率は、84.07%でした。

北海道西部の寿都町では、高レベル放射性廃棄物、いわゆる「核のごみ」の最終処分場の選定をめぐって、去年11月から、町の応募を受けて、NUMO=原子力発電環境整備機構による「文献調査」が続けられています。

最終処分場の選定に向けた最初の段階にあたるこの調査は、研究論文や地質のデータなどをもとに、2年程度かけて行われます。

調査の是非が最大の争点となった今回の町長選挙で、調査を継続し、国からの交付金を地域の振興に役立てたいと訴えた片岡氏が、調査への反対、撤回を掲げた越前谷氏を抑えて勝利したことで、最終処分場の選定に向けて国が後押ししてきた調査は、今後も続行される見通しとなりました。