大規模接種センター
16歳以上全枠で予約可能に

政府が設置している大規模接種センターで、予約枠が大幅に余る状態が続いていることから、防衛省は10月から予定していた若者の優先枠の新設をとりやめ、16歳以上であればすべての枠で予約できるようにすると発表しました。

政府が東京と大阪に設置している大規模接種センターは、若い世代の接種を加速させるため、18歳以上としていた接種の対象年齢を引き下げたうえで、16歳から18歳を優先的に受け付ける枠を新たに設け、10月3日から予約を受け付けることにしていました。

しかし、いずれの会場でも予約枠が大幅に余る状態が続いていることから、防衛省は優先枠を新たに設けることをとりやめ、16歳以上であれば、すべての枠で予約できるようにすることを決めました。

16歳以上を対象とした予約の開始は、30日午後6時ごろから開始され、予約が取れれば、10月4日以降、接種ができるようになります。