3回目接種 “職域で2回
受けた人も原則自治体で”

新型コロナウイルスワクチンの3回目の接種をめぐり、河野規制改革担当大臣は閣議のあとの記者会見で、職域で2回の接種を受けた人についても「『原則、自治体で』ということになるのではないかと思う」と述べました。

この中で、河野規制改革担当大臣は、職域で2回の接種を受けた人への3回目の接種について「2回目の接種が終わって8か月たったところで打っていただくことになると思う。ワクチンの種類や打つ場所、日時を指定するかどうかなど、今、詳細を検討しているところで、自治体とよく相談しながらやっていきたい」と述べました。

そのうえで、記者団が「職域で接種を受けた人も3回目は自治体で接種することになるのか」と質問したのに対し「検討を進めているが『原則、自治体で』ということになるのではないかと思う。まだ何か決めているわけではなく、詳細が決まりしだい、発表したい」と述べました。