“搬送困難”過去2番目の多さ
東京では病床確保が難航

救急患者を受け入れる医療機関がすぐに決まらない「搬送困難」なケースは、1週間に2897件と調査を始めてから2番めの多さとなったことが分かりました。取りまとめを行った総務省消防庁は「自宅で療養中の患者からの出動要請が、東京を中心とする首都圏で一気に増えている」としています。

総務省消防庁は、患者の搬送先が決まるまでに病院への照会が4回以上あったケースなどを「搬送が困難な事例」として、県庁所在地の消防本部など全国の52の消防機関の報告をもとに毎週取りまとめています。

8月8日までの1週間では2897件と前の週から521件増え、5週連続の増加となりました。

比較調査を始めた去年4月以降では、最多となったことし1月中旬の3317件に次いで2番目の多さとなっています。

地域別にみますと、
▽東京消防庁管内が1532件、
▽横浜市消防局が267件、
▽千葉市消防局が115件、
▽川崎市消防局が84件と首都圏で増加が目立つほか、
▽札幌市消防局で121件、
▽大阪市消防局が279件、
▽福岡市消防局が45件などとなっています。

このうち、体温が37度以上で呼吸困難の症状があるなど新型コロナウイルスの感染が疑われるケースも急増していて、8月8日までの1週間で1387件と前の週までの1週間のおよそ1.4倍となりました。

総務省消防庁は「自宅で療養中の患者からの出動要請が、東京を中心とする首都圏で一気に増えている。医療機関の負荷も高まり、病床がひっ迫している状況も伺える。より一層新型コロナウイルスの感染対策を心がけてほしい」としています。

東京 感染急拡大でさらなる病床確保は難航

東京都内では、新型コロナウイルスの感染の急拡大で入院患者が過去最多を更新し続けていて、都は病床をさらに増やすため調整を続けていますが、医療機関からは人員の確保が難しいなどといった厳しい声もあがっていて、さらなる病床の確保は難航しています。

11日の時点で、都内の入院患者は3667人となり、5日連続で過去最多を更新したほか、都の基準で集計した重症の患者も197人で過去最多となっています。

都は、新型コロナウイルスの患者を受け入れるための病床を現在、5967床確保していますが、さらにおよそ400床増やしてこれまでで最多となる6406床に引き上げたい考えです。

都は医療機関に対して、通常医療の制限を視野に、8月6日をメドとして病床の追加の確保を要請していましたが、11日の段階でまだ調整が続いています。

都によりますと、医療現場からは人員の確保が難しく通常の医療との両立ができなくなるなどといった厳しい声もあがり、さらなる病床の確保は難航しているということです。

都内の医療提供体制のひっ迫がさらに進むなか、専門家の中には「災害時と同じ状況だ」という声もあり、都は病床の確保を急ぐことにしています。

小池知事「通常診療断るという声も」

東京都の小池知事は記者団に対して「全体の感染者も増えてきていて、重症が200人に近い数字だ。医療機関からは通常の診療を断ったり、手術を先送りしたりするなどの事態に陥るという声を聞いている。きょうは重症者のうち、50代が3分の1を占めている。40代もきのうから一気に9人増えている。基礎疾患を持っている方やタバコを吸っている方も気をつけていただきたい」と述べました。