大阪市ワクチン接種
4月は高齢者施設を優先

大阪市は24日に政府が示した新型コロナウイルスのワクチンの供給見通しを受けて、4月中は高齢者施設での接種を優先し、個別接種や集団接種は行わないことを決めました。

高齢者向けのワクチン接種について政府は24日、4月12日から限定的に始める方針を示し、大阪では4月上旬から下旬にかけて段階的にワクチンが供給されることになりました。

これを受けて25日に開かれた大阪市のワクチン接種の推進本部会議では、4月中は十分なワクチンが確保できないとして、想定していた接種計画を見直すことを決めました。

具体的にはワクチンの供給が少ない4月中は重症化リスクが高いとされる高齢者施設の入所者への接種を優先し、同じ時期に始めたいとしていた高齢者向けの個別接種や集団接種の実施は行わないとしています。

大阪市によりますと高齢者施設の入所者はおよそ5万人いるのに対し、4月19日の週までに市に供給されるワクチンは1万3000回分程度にとどまる見通しで、施設での接種が終わるのは5月以降になる可能性があるとしています。

また、高齢者向けの個別接種や集団接種の開始時期については、政府からワクチン供給の具体的な情報が示されるのを待って、改めて決めることになりました。

大阪市ではこれまで、4月から9月までの半年間で希望者への接種をすべて終えられるよう準備を進めていました。

会議の中で松井市長は「われわれが予想していたよりワクチンの確保が難しいのだと思う。国が示す供給量に合わせて計画を見直していきたい」と述べています。