公明 ミサイル阻止に関する
新方針案を了承 閣議決定へ

公明党は、政府が示した相手領域内での阻止能力の保有については「抑止力の強化について、引き続き検討を行う」という表現にとどめることなどを盛り込んだ、ミサイル阻止に関する新たな方針の閣議決定の案を了承しました。

これを受けて政府は18日に閣議決定することにしています。

17日午後に開かれた公明党の会合で、政府はミサイル阻止に関する新たな方針の閣議決定の案を示しました。

閣議決定案では、自民党が求めている「敵基地攻撃能力」と呼んでいた、相手領域内でも弾道ミサイルなどを阻止する能力の保有については、直接触れず「抑止力の強化について、引き続き政府において検討を行う」という表現にとどめ、検討の期限も設けていません。

その一方、国産で開発中の地対艦誘導弾の射程を大幅に延ばし、敵の射程圏外から攻撃できる長射程の巡航ミサイル「スタンド・オフ・ミサイル」として開発する方針を盛り込んでいます。

これについて出席した議員からは「これまで示されてきた防衛の考え方から外れるものではなく、政策が変わるわけではない」などの意見が出され了承されました。

これを受けて政府は、すでに自民党から了承を得られていることから、新型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の代替策として「イージス・システム搭載艦」と呼ぶ、新型イージス艦2隻を建造する方針とあわせて、18日に閣議決定することにしています。