保健師確保で人材バンク
都道府県ごと創設へ

新型コロナウイルスへの対応にあたる保健所の体制を強化するため、厚生労働省は、資格を持ちながら働いていない保健師を集めた「人材バンク」を都道府県ごとに設けることになりました。

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、全国の保健所では、保健師が、感染者の行動歴を確認し、濃厚接触者を特定する調査などにあたっていますが、感染者の増加で業務がひっ迫するなど、体制の整備が課題になっています。

このため厚生労働省は、結婚や出産などを理由に、資格を持ちながらも働いていない保健師を登録する「人材バンク」を、都道府県ごとに設けることになりました。

感染拡大などの緊急時には、「人材バンク」に登録した保健師に保健所で勤務してもらったり、都道府県を越えて応援に出向いてもらったりして、保健所の負担軽減を図ることにしています。

厚生労働省は、必要となる経費を、来年度予算案の概算要求に盛り込み、来年度から運用を始める方針です。