河野行改相 サイトに
「行政改革目安箱」設置

河野行政改革担当大臣は、菅総理大臣が重視する規制改革について、スピード感が大事だとして、みずからのウェブサイトに、縦割り行政の弊害に関する情報を誰でも投稿できる「行政改革目安箱」を設けました。

菅総理大臣は16日、河野大臣に対し、「縦割り110番」といった、実態に合わない規制や縦割り行政の弊害に関する情報を国民から集約する仕組みを設けるよう、検討を指示しました。

これを受けて、河野大臣は、みずからのウェブサイトに「行政改革目安箱」と名付けたページを設け、「縦割り110番」という名称も併記されています。

河野大臣はおよそ180万のフォロワーがいるみずからのツイッターで、「むだな規制、仕事を妨げている規制、役所の縦割りで困っていることなど、規制に関する情報をお送りください」と呼びかけていて、中央省庁の職員からの情報提供も歓迎するとしています。

一方で、氏名や住所、メールアドレスといった個人情報も併せて伝えるよう求めています。

河野大臣は、速やかに情報提供の仕組みを作ることで、菅総理大臣が重視する規制改革をスピード感をもって進めるねらいがあるものとみられます。

加藤官房長官「スピーディーな対応」

加藤官房長官は午後の記者会見で「菅総理大臣が言っているように『国民のために働く内閣』として、やるべきことを一つ一つ進めていくという意味では、スピーディーな対応を取られていると思う」と述べました。

そのうえで、記者団が「個人のホームページでは、情報流出の懸念もあるのではないか」と質問したのに対し、「投稿される方は、セキュリティーの状況も踏まえながら投稿されるんだろう。河野大臣も、これをベースにしながら次の展開も考えているのではないか」と述べました。

「目安箱は破裂しそうな状況」

河野大臣は「行政改革目安箱」を設けたことについて、「立ち上げたら、もう700通くらい情報がきて、目安箱は破裂しそうな状況だ。激励のメールや、デジタル化を早くやれというようなものもあるが、具体的な規制改革の話も多くいただいている。なるべく具体的なものからしっかり手を着けたい」と述べました。

「ブラックな霞が関をホワイトに」

公務員制度改革を担当する河野大臣は記者会見で、国家公務員の働き方をめぐり「これだけ、霞が関を志望してくれる人が減り、若い人が、かなり早い段階で辞めたいという状況になっているのは、極めて危機的な状況にあると言わざるをえない」と指摘しました。

そのうえで「『むだな時間や作業が多い』という声と『ここで仕事をして成長できるのか』という、焦りのようなものが強く聞こえてくる。霞が関のブラックな状況をホワイト化する」と述べ、むだな業務を見直し、国家公務員の働き方改革を優先的に進めていくと強調しました。

一時受付停止に

「行政改革目安箱」に予想をはるかに超える数の意見が寄せられたことから、いったん整理をしたいとして、18日未明に新たな投稿の受付を一時停止しました。

河野大臣は、NHKの取材に対し、「目安箱の開設からおよそ9時間で、3000件ほどの投稿があり、すべてを読むためにも一時的に受付を停止した。内閣府のウェブサイトには以前から『規制改革ホットライン』が開設されているので、そちらも活用してほしい」と述べました。

加藤官房長官「高い関心 規制改革ホットライン活用を」

加藤官房長官は、18日午前の記者会見で「高い関心があることがよく分かる。『行政改革目安箱』がストップしている間も、内閣府の規制改革ホットラインが設置されているので、活用してほしい」と述べました。