るさと納税 東京と
奈半利町除く全自治体が申請

ふるさと納税制度で、ことし10月以降の制度に参加を希望する自治体の募集が締め切られ、東京都と返礼品の基準を守っていなかったとして制度から除外された高知県奈半利町を除く、すべての自治体が申請を行いました。

ふるさと納税制度は、去年6月から過度な返礼品を規制する新たな制度が始まったことから、毎年、総務省が参加を認めるか自治体の審査を行うことになっています。

新しい制度になって2年目となることしは、10月から始まることになっていて、総務省が、参加を希望する自治体を募集したところ、20日までに、東京都と返礼品の基準を守っていなかったとして、先月、制度から除外された高知県奈半利町を除く、すべての自治体が申請を行いました。

総務省では、自治体から提出された返礼品などに関する計画書をもとに審査することにしていて、来月中旬までに制度に参加する自治体を決定することにしています。