井前法相の逮捕容疑の
現金提供先に2人の首長

去年の参議院選挙をめぐり河井克行前法務大臣と妻の案里議員が逮捕された選挙違反事件で、逮捕容疑となった現金の提供先の94人の中に広島県三原市の天満祥典市長と安芸太田町の小坂真治前町長が含まれていることが関係者への取材で分かりました。
NHKの取材に対し三原市の天満市長は「何もお答えすることはありません」としています。

前の法務大臣の河井克行容疑者(57)と妻で参議院議員の案里容疑者(46)は去年7月の参議院選挙をめぐって地元議員らに票の取りまとめを依頼し、報酬として現金を配ったとして公職選挙法違反の買収の疑いで逮捕され、検察当局は地元議員や後援会幹部など94人におよそ2570万円を配った疑いがあるとみて捜査を進めています。

現金が配られた疑いがある94人のうちおよそ40人が広島県議会議員などの地元議員だったことが分かっていますが、逮捕容疑となった現金の提供先の中には、三原市の天満祥典市長と安芸太田町の小坂真治前町長も含まれていることが関係者への取材で新たに分かりました。

このうち小坂前町長はことし4月、河井前大臣から現金20万円を受け取ったことを認め辞職しました。

天満市長はことし3月、報道陣に対し検察の事情聴取を受けたことを認めましたが、「私自身が現金を受け取ったことはないということを固く約束し、断言する」と説明していて、河井夫妻の逮捕後の今月19日のNHKの取材に対しては「その件については何もお答えすることはありません」と話しています。

また、関係者によりますと河井前大臣はこれまでの検察当局の調べに対し、94人の一部については現金を渡したことを認めたことが分かりました。

一方、河井前大臣は「案里議員の票の取りまとめを依頼する趣旨ではない」として容疑を否認し、案里議員も「違法な行為をした覚えはありません」などと容疑を否認しているということです。