粛率 日曜は首都圏や
関西都市部で外出増える傾向

新型コロナウイルス対策で、どれだけ外出を自粛したかを示す指標「自粛率」について国立情報学研究所などが推計したところ、7日の日曜日は首都圏や関西の都市部を中心に前の週の日曜日より外出が増える傾向があることが分かりました。

これは、国立情報学研究所やキヤノングローバル戦略研究所などのグループが、NTTドコモの携帯電話の基地局の情報をプライバシーを保護した上で分析しました。

「自粛率」は住宅が多い地域の昼と夜の人口の差からどれだけ外出したかを推計し、ことし1月の平均値と比べて外出が減った割合です。

その結果、休日だった今月7日 日曜日の自粛率は前の週の日曜日と比べて各地で下がる傾向がみられ、
▽「東京アラート」が出されている東京都が前の週から11.9%下がって32.6%、
▽神奈川県が前の週より10.4%下がって31.9%、
▽大阪府が前の週より13.8%下がって22.5%などとなりました。

一方、平日だった8日 月曜日は、33の道と県で自粛率は10%を下回りましたが
▽東京都では28.9%、
▽神奈川県では26.7%などとなるなど、首都圏で比較的、高い状態が続いていました。

国立情報学研究所の水野貴之准教授は「休日の外出が増える一方で、首都圏では平日はテレワークや大学の休校などで自粛率が下げ止まっているのではないか」と話しています。

6月7日 日曜日の自粛率

今月7日の日曜日の自粛率。(小数点第2位以下四捨五入)。
北海道21.8%
青森県14.5%
岩手県26.0%
宮城県18.4%
秋田県20.7%
山形県22.4%
福島県25.9%
茨城県26.4%
栃木県24.1%
群馬県27.2%
埼玉県29.6%
千葉県29.1%
東京都32.6%
神奈川県31.9%
新潟県23.2%
富山県27.5%
石川県25.2%
福井県21.6%
山梨県27.4%
長野県25.9%
岐阜県29.3%
静岡県23.6%
愛知県23.7%
三重県21.7%
滋賀県26.6%
京都府25.2%
大阪府22.5%
兵庫県25.7%
奈良県26.3%
和歌山県25.5%
鳥取県22.0%
島根県28.7%
岡山県24.5%
広島県22.3%
山口県25.2%
徳島県23.6%
香川県25.2%
愛媛県22.2%
高知県21.7%
福岡県24.3%
佐賀県20.2%
長崎県17.7%
熊本県23.1%
大分県25.4%
宮崎県17.6%
鹿児島県15.1%
沖縄県24.9%

6月8日 月曜日の自粛率

今月8日の月曜日の自粛率。(小数点第2位以下四捨五入)。
北海道9.0%
青森県4.0%
岩手県8.0%
宮城県7.7%
秋田県4.7%
山形県8.2%
福島県8.5%
茨城県8.6%
栃木県8.7%
群馬県13.8%
埼玉県20.1%
千葉県20.8%
東京都28.9%
神奈川県26.7%
新潟県8.5%
富山県7.5%
石川県13.1%
福井県9.8%
山梨県11.1%
長野県8.2%
岐阜県14.9%
静岡県8.1%
愛知県9.3%
三重県5.5%
滋賀県9.6%
京都府12.8%
大阪府15.8%
兵庫県14.5%
奈良県15.8%
和歌山県11.6%
鳥取県5.4%
島根県9.6%
岡山県6.3%
広島県8.6%
山口県7.9%
徳島県7.5%
香川県5.9%
愛媛県7.2%
高知県7.9%
福岡県12.0%
佐賀県6.5%
長崎県7.9%
熊本県9.3%
大分県8.1%
宮崎県8.0%
鹿児島県3.7%
沖縄県8.9%