規模事業者など感染対策
最大150万補助へ 政府

新型コロナウイルスの感染拡大を受けた追加の経済対策で、政府は事業の再開に向けて感染防止対策を行う小規模事業者などに最大150万円を補助する方針で具体的な制度の検討を進めることにしています。

政府は追加の経済対策として小規模事業者やフリーランスを含む個人事業主を対象に、事業の再開に向けた感染防止対策を後押しする仕組みを設ける方針です。

従来からある「持続化補助金」と呼ばれる制度を拡充して、事務所や店舗にアクリル板で仕切りを設けたり座席の配置を変えたりする費用のほか定期的に消毒を行う費用などを150万円を上限に補助する方向で具体的な検討を進めます。

このほか、追加の経済対策には賃料の支払いが困難な事業者への新たな給付金や雇用調整助成金の上限額の引き上げ、政府系金融機関などによる「劣後ローン」と呼ばれる返済の優先順位が低い融資や株式の買い入れなど企業の財務基盤を強化する対策なども盛り込むことにしています。

賃料の支援だけで数兆円の予算が必要になる見通しで、追加の対策を実行するために編成する今年度の第2次補正予算案の財源は新たな借金にあたる赤字国債と建設国債を追加発行して賄う方針です。