東区の特養で39人感染
1人死亡 新型コロナ

東京 江東区は区内の特別養護老人ホームで、入所者と施設の職員の合わせて39人が新型コロナウイルスに感染していることが確認され、このうち1人が死亡したと発表しました。

江東区によりますと、特別養護老人ホーム「北砂ホーム」で、今月15日から21日にかけて、入所者10人に発熱の症状が見られたため、今月22日にPCR検査を行ったところ、60代から90代の男女合わせて9人が新型コロナウイルスに感染していたことが確認されたということです。

このうち、70代の男性は検査を受けたその日に死亡したということです。

その後も入所者5人の感染が相次いで確認されたことから、施設はすべての利用者と施設の職員、合わせておよそ180人に対してPCR検査を行い、29日までに50代から90代の入所者21人と50代から60代の職員4人の感染が確認されました。

この施設で感染が確認されたのは、亡くなった人も含めて合わせて39人になります。

施設を運営している法人によりますと、38人の容体は安定しているということです。

この施設では今月23日からショートステイの新規の受け入れをやめたほか、通所介護も取りやめているということです。