谷の障害者施設 新たに
2人感染確認 計12人

新型コロナウイルスの集団感染が起きた東京 渋谷の障害者福祉施設で、新たに2人が感染したことが分かり、この施設での感染者は合わせて12人となりました。

東京 渋谷区の障害者福祉施設、「渋谷区障害者福祉センターはぁとぴあ原宿」では、今月13日に職員が新型コロナウイルスに感染していたことが判明し、その後、今月24日までに入所者4人と通所の利用者1人、それに職員5人の合わせて10人の感染が確認されました。

入所者のうち1人は、陽性が確認された4日後の今月18日に医療機関で死亡したということです。

渋谷区によりますと、27日までに新たに入所者1人と職員1人の合わせて2人の感染が確認され、この施設でこれまでに確認された感染者は合わせて12人となりました。

渋谷区では集団感染が発生したとしてすでに施設の通所利用を休止し、施設の消毒は済ませているということで、このほかにも感染した人がいないか確認を進めています。