民党 立民との合流
党大会での方針決定を先送り

立憲民主党との合流について、社民党は、現状では、地方組織も含めた意見集約が難しいとして、来月の党大会での方針決定を先送りすることになりました。

社民党は、立憲民主党と合流するかどうかについて、全国の地方組織で検討したうえで、来月の党大会で正式に方針を決めることにしていました。

しかし、地方組織では、「拙速に結論を出すべきではない」といった声が強まっており、現状では、意見集約が難しいとして、来月の党大会での方針決定を先送りすることになりました。

社民党は29日、地方組織の幹部を集めた会議を開き、執行部が、こうした状況を説明し、今後の対応を話し合うことにしています。

一方、合流をめぐる方向性が出るまで延期している党首選挙については、来月の党大会の場で行うことも検討することにしています。