葉県の大規模停電
命に関わる深刻な事態も

千葉県で続いている大規模な停電は12日で4日目となりますが、全面復旧は13日以降になる見通しで、市民生活への影響が広がっています。

台風15号の影響で千葉県では最大で64万戸が停電し徐々に復旧は進んでいますが、4日目となった12日も広い範囲で停電や断水が続いています。

暑さの中で体調を崩す人も相次いでいて、これまでに熱中症の疑いで2人が死亡したほか、11日は君津市の避難所で人工呼吸器をつけた80代の女性が息苦しさを訴えて救急搬送されるなど、停電の長期化は命に関わる深刻な事態を招いています。

東京電力は11日夜の記者会見で、千葉市とその周辺は12日中、君津市や南房総市など千葉県南部と香取市や山武市など千葉県北東部を含む地域は13日以降になるという見通しを発表しました。

停電が続く地域では引き続き熱中症などに十分な注意が必要で、地域によっては水や食料品が不足しているほか、携帯電話がつながらないエリアも多く残っていて、市民生活への影響が広がっています。

一方、休校が続いていた公立の小中学校などのうち停電や断水が復旧した一部の学校は、12日から再開するということです。