島喜文参院議員を
財務政務官に起用

政府は、きょうの持ち回り閣議で、栃木県の那須塩原市長選挙に立候補することを理由に辞表を提出した、財務省の渡辺美知太郎政務官の辞任を認め後任に自民党の宮島喜文する人事を決定しました。

財務省の渡辺美知太郎政務官は、今月8日、21日に投票が行われる栃木県の那須塩原市長選挙に立候補することを理由に辞表を提出しました。

これを受けて、政府は、きょうの持ち回り閣議で、渡辺政務官の辞任と、後任に自民党の宮島喜文参議院議員を起用する人事を決定しました。

宮島氏への辞令の交付は、きょう夕方、総理大臣官邸で行われました。

渡辺美知太郎氏は、みんなの党の代表や行政改革担当大臣などを務めた、渡辺喜美参議院議員のおいで、6年前の参議院選挙で、当時のみんなの党の比例代表で初当選し、現在は無所属で、自民党の会派に所属しています。

前任の渡辺参院議員 辞職願を提出

渡辺参議院議員は市長選挙に立候補するため、伊達参議院議長あてに議員辞職願を提出しました。渡辺氏の辞職は、近く参議院本会議で認められる見通しです。

渡辺氏は、比例代表選出ですが、当時所属していた「みんなの党」が解党し、候補者名簿を取り下げたため、繰り上げ当選は行われず欠員となります。