府県議選 最年長88歳
最年少25歳 いずれも福井

今回の道府県議会議員選挙で当選した候補者のうち最高齢は福井県議会議員選挙で当選した自民党の現職の石川与三吉氏で88歳です。石川氏は7回目の当選です。

最年少は福井県議会議員選挙で当選した自民党の新人の松崎雄城氏で25歳でした。松崎氏は大学卒業後、国会議員の秘書を経て、今回の県議会議員選挙に初めて立候補していました。

福井県議会では全国最高齢と最年少の議員がともに当選となりました。