国民 藤田氏を除籍へ 立民・社民会派が参院の野党第1会派に

国民民主党の総務会が開かれ、立憲民主党に入党したいとして離党届を提出していた藤田幸久参議院議員を除籍処分とする方針を決めました。藤田氏が立憲民主党の会派に加われば、参議院で立憲民主党と社民党の統一会派が野党の第1会派になる見通しです。

参議院茨城選挙区選出で、ことし改選を迎える国民民主党の藤田幸久氏は、立憲民主党に入党したいとして党に離党届を提出しています。

国民民主党は20日の総務会で、離党届の扱いを協議した結果、党の結束を乱す行為に当たるとして受理せず、藤田氏を除籍処分とする方針を決めました。

藤田氏の処分は、今後、党の倫理委員会での協議を経て正式に決まる見通しです。

一方、国民民主党の玉木代表は20日夜、記者団に対し、無所属のアントニオ猪木参議院議員が国民民主党と自由党の統一会派に加わるという見通しを示し、「仲間が増えることは喜ばしい」と述べました。

参議院では現在、国民民主党と自由党、立憲民主党と社民党がそれぞれ結成した統一会派の所属議員が同じ数です。

このため、アントニオ猪木氏が国民民主党と自由党の統一会派に加わっても、藤田氏が会派を抜けて立憲民主党の会派に加われば、立憲民主党と社民党の統一会派が1人多くなり、参議院で野党の第1会派になる見通しです。