賊版サイトブロッキング
法整備 通常国会見送りへ

マンガなどを無断でインターネット上に公開する「海賊版サイト」を閲覧できないようにする「ブロッキング」について、政府は、通信の秘密を保障した憲法に違反するおそれがあるなどの批判が根強いことから、通常国会での法整備を見送る方針を固めました。

マンガやアニメなどを無断でインターネット上に公開する「海賊版サイト」をめぐっては、著作権を侵害し、出版社や制作者に被害が及んでいるとして、政府は有識者会議を設けて対策を検討してきました。しかし、「海賊版サイト」を閲覧できないようにする「ブロッキング」の導入は、通信の秘密を保障した憲法に違反するおそれがあるなどの反対意見が出され、検討は中断されたままになっています。

こうした状況を踏まえ、政府は通常国会で「ブロッキング」を導入するための法整備を見送る方針を固めました。一方で、海賊版サイトに利用者を誘導する「リーチサイト」を規制する著作権法の改正案を提出する方針です。

ただ、国内からのアクセスが増えている「海賊版サイト」も依然として残っていることから、政府は、抜本的な対策が必要だとしていて「ブロッキング」の導入についても引き続き検討したいとしています。