河野デジタル大臣が陳謝 参院予算委でのスマホ検索で

河野デジタル大臣は、27日の委員会審議で、スマートフォンで検索しながら答弁しようとし、委員長から注意を受けたことについて、28日の記者会見で、自身のミスだったとして陳謝しました。

河野デジタル大臣は、きのうの参議院予算委員会で、スマートフォンで検索をしながら答弁しようとし、末松委員長から、審議中のスマートフォンの使用は認められないと注意を受けました。

これについて河野大臣は28日の閣議の後の記者会見で「スマホを使ったのは私のミスで、おわびを申し上げる」と陳謝しました。

一方、記者団から、デジタル化の推進を担当する大臣として、どう受けとめているか問われたのに対し「国会のことなので国会にお尋ねください」と述べました。

参議院では、国会のデジタル化の一環として、今の臨時国会から委員会審議で本格的にパソコンやタブレット端末を使えるようになりましたが、スマートフォンは手元で操作しやすく、使用頻度も高くなりがちで質疑の妨げになりかねないなどとして禁止されています。

きょうの参議院予算委員会に先立って行われた理事会では、野党側がルールを徹底するよう求めたのに対し、与党側は改めて周知する考えを示しました。