女性職員へセクハラ疑い報道の町長 辞職勧告決議可決 岐阜

複数の女性職員に対するセクハラの疑いが報じられた岐阜県岐南町の小島英雄町長に対して、町議会は6月22日、辞職勧告決議を賛成多数で可決しました。これに対して小島町長は「第三者委員会の調査結果を待ちたい」と述べ、辞職しない考えを改めて示しました。

岐南町の小島英雄町長(73)は5月、週刊文春の電子版で複数の女性職員にセクハラをしていた疑いがあると報じられました。

小島町長は会見で、頭や手を触ったことは認めましたが「スキンシップを取っていた」などと述べ、セクハラとの認識はなかったと説明していました。

これについて、22日、町議会には小島町長に対する辞職勧告決議案が提出され、提出した議員は「町長はセクハラの認識はなかったと発言しているが、誰が見てもセクハラ行為であることは明らかだ。町を混乱させて信用を著しく失墜させた」と述べました。
そして、採決の結果、議長を除いた議員9人中7人の賛成多数で辞職勧告決議は可決されました。

決議に法的な拘束力はなく、小島町長は記者団に対して「これまでの報道は一方的なもので、私の意見が反映されておらず納得がいかない。辞職については町が設ける第三者委員会の結論によって検討したい。セクハラという認定があれば町長を辞職する」と町長を続ける考えを改めて示しました。