“枝野の党”終幕
立憲民主党どこへ…

4年ぶりの政権選択の機会となった衆議院選挙。政権交代を目指した立憲民主党は、敗北した。
党を結成し、率いてきた“オーナー”が引責辞任に追い込まれる事態となった。
針路を見失い、漂流の危機にあるようにも見える。
いったい、どうなってしまうのか。
(佐久間慶介)

まさかの敗北

「議席を減らすなんて、夢にも思わなかった」

衆議院選挙での敗北直後にそう漏らしたのは、立憲民主党幹事長の福山哲郎だ。

こうした感想は、議員だけに限らない。
かくいう党代表・枝野幸男の番記者の私も予想しにくい結果だった。

立憲民主党は、2020年9月の野党合流を経て衆議院の所属議員は100人を超え、2009年に当時の民主党が政権交代を果たす前の勢力に匹敵する規模となった。

その後、1年余りで着実に党の基盤を固め、今回の衆議院選挙では、衆議院定数の過半数を超える240人を擁立し、政権交代を目指した。

一方の与党は、新型コロナ対応などをめぐって批判を浴び、決して盤石とは言えない情勢で、野党内には立憲民主党が議席を増やすという見方が大勢だった。
しかし、立憲民主党の議席は、選挙前の109に届かず、96にとどまった。
選挙対策委員長の平野博文や元副代表の辻元清美など、党の中核メンバーも落選。
まさかの結果だった。

立憲民主党の幹部は、口々にこう語った。

「岸田政権発足直後の“ご祝儀相場”下での選挙とはいえ、まさか減らすとは」
「最悪でも、せめて選挙前より増えると踏んでいた」

揺れた“オーナー”

大きな打撃を受けた立憲民主党。

開票日の夜。大勢が判明すると、党幹部から次々と厳しい声が上がった。

「これはまずい。代表は辞めざるを得ないだろう」
「惨敗だ。執行部が誰も責任をとらないなんてありえない」

一方では、こんな声もあった。

「枝野氏が、ここまで党を作り上げ、党勢を拡大させてきた。その経緯や功績を考えれば、辞めるべきではない」

敗北にも、かばう声。
それは、立憲民主党が、いわば“枝野の党”とも言えるからだ。

4年前。枝野は当時、民主党の流れをくむ民進党に所属していた。

その民進党が、東京都知事の小池百合子が立ち上げた希望の党との合流をめぐり、分裂。

枝野は、民進党から多くの議員が希望の党に移る中、政策や理念が違うとしてくみせず、みずからリベラルの旗を掲げて立憲民主党を結党した。

直後の衆議院選挙で、大方の予想に反して立憲民主党が野党第1党に躍進し、党を大きくしてきた。
こうした経緯から、党内では“枝野一強”とも言われる状態が続いてきた。

辞任論と続投論の両論に、枝野自身も揺れたのだろうか。

選挙から一夜明け。
枝野は、朝から記者団の取材にも応じず、1日中、自身の事務所にこもり続けた。

そして翌日。立憲民主党の役員会。
枝野は、辞意を表明した。

「ひとえに私の力不足だった。新しい体制を構え、来年の参議院選挙などに向かっていかなければならない」

代表選挙へ混沌

“オーナー”の辞意。党内にも代表の決断を受け入れる声が広がった。

「代表自らの判断だ。重く受け止める」

かくして代表選挙が行われることになった。

ただ、こんな声も漏れる。

「結局、この党は、“枝野の政党”としてやってきた。そう簡単に代わりを務められる党の顔はいない」
「誰がなっても、今後の党運営は容易ではない」

共産党との距離が代表戦の争点に

誰がなっても容易ではない最大の要因は、野党連携のあり方だ。

枝野は、結党後、ほかの野党との連携を強めてきた。
衆議院選挙では、国民民主党、共産党などと、多くの選挙区で候補者を一本化。
ここで評価が分かれたのは、共産党との関係だ。

党内には、安全保障など、政策や理念が大きく異なる共産党との連携には、慎重論が根強くあった。
しかし、枝野は、与党に選挙で勝つには必要不可欠な戦術だと推し進めた。

今回の選挙結果について、党内には共産党との連携が影響したという指摘がある。

「民主党時代からのコアな支持者が離れ、無党派層の支持獲得もしにくくなった」

もちろん、接戦に持ち込んだ選挙区も少なくなく、一定の成果を挙げたという声もある。

党内で二分する評価。
ポスト枝野はどうするのか、争点になりそうだ。

問われる野党連携

「共産党とは、一線を画すべきだと言い続けてきている」

立憲民主党の最大の支援組織である連合の会長・芳野友子も、共産党との連携には一貫して否定的な見解を示している。

また、共に連合から支援を受ける国民民主党の代表・玉木雄一郎も、共産党と近づく立憲民主党との連携を維持するのは難しいと繰り返し語る。

そんな玉木は、国会対応をめぐり、野党の国会対策委員長会談に今後は参加しないと表明し、さらに野党間の溝が深まる形となっている。

玉木はこう指摘した。

「いまの野党の国会対策委員長の会談は、対決色、批判ばかりが前面に出ていて、有権者の抵抗は強いことが、今回の衆議院選挙で示された。これ以上、この枠組みではやれない。政策本位、是々非々でやっていく」

是々非々。
これは、日本維新の会が使ってきた言葉だ。

今回の衆議院選挙で、立憲民主党と共産党が議席を減らしたのとは対照的に、国民民主党と日本維新の会は、いずれも議席を増やした。とりわけ日本維新の会は4倍近くに増やし、躍進を遂げた。

国民民主党と日本維新の会は、これまでも憲法改正への向き合い方や政策面などで一致点が少なくはなかった。

玉木は「維新だけと連携するということではなく、政策ごとにすべての党に等しく協力を求めていく」と語っているが、野党内には、両党が連携を強めていくという見方は強い。

立憲民主党は、どう考えているか。
さまざまな声がある。

「ここまで共産と踏み込んだ連携をした以上、もう引けない」
「『立共』『維国』に二分状態では、また与党を利する。抜本見直しが必要だ」

そして、さらに先を見据えて、こんな懸念をこぼす議員もいる。

「野党内で、立憲民主党の第1党としての影響力が低下すれば、また遠心力が働く。そうなれば、また壊れてばらばらになってしまう」
「また離合集散する事態だけは避けたいのだが、どうしても脳裏をよぎる…」

再建への道のりは

政権選択選挙でのまさかの敗北で“枝野一強”が崩壊し、混沌とする立憲民主党。
野党各党の力の均衡も、これまでとは全く違う状況になっている。
こうした中、党を立て直し、再び政権交代を目指せる状況を作り出せるのか。それとも勢力が衰退し、また離合集散の歴史が繰り返されてしまうのか。
その岐路に立っているといっても大袈裟ではないかもしれない。
新しい代表のかじ取りはなかなか容易ではなさそうだ。
(文中敬称略)

政治部記者
佐久間 慶介
2012年入局。福島局を経て政治部へ。官邸取材したあと立憲民主党の担当に。11月からは自民党担当。