ドラマのみどころ

事件は必ず休みの日に限って起こる?!
オリジナル『謎解き×ホームコメディ』!

柔道の達人でカンが命!女刑事のアクティブ妻!
類まれな頭脳を持つ、売れないミステリー作家の夫!
夫婦と言う最強のタッグでご近所や出先で起こる事件や謎をスカッと解決!
自宅リビングで‘捜査会議’?!ありそうでなかった新ジャンルのオリジナルドラマ!

脚本のことば …武井彩

時流に乗って私もSNSをやっているのですが、いつも思うのは全ての人に毎日驚きや喜びがあって、事件というのは何も特別な場所だけで起こるものでは無いのだな、ということです。
この物語に出てくる章子と晶は、ちょっと訳ありなので、起こる事件もやや特殊ですが、日々の暮らしの中で一喜一憂しながらも精一杯生きている姿は、皆さんと何ら変わりはありません。
奥さんが刑事で、旦那さんがミステリー作家ということで「ああ、こんな感じね」と頭でイメージされたかも知れませんが、いい意味で予想を裏切ることができるのではないかと今からワクワクしております。その設定で、このタイトルで、ホームドラマ。そしてびっくりするほど捜査会議はリビングで行われます。
是非、楽しんでご覧ください。

監督のことば …河野圭太

この町の人達は、かなりおせっかいである。
他人の家の事にずかずか入り込んでくる。
まるで昭和の頃の町内のようである。
隣近所との関わりが薄れていく現代…。
なんか懐かしい感じがする。

撮影現場もそんな雰囲気である。
撮影開始に当たって、スタッフキャスト、みんなでアイデアを出して欲しいとお願いした。
思わぬ芝居が飛び出したり、やたらうるさいシーンになったり……
現場はいつも大笑いである。
そんな雰囲気を画面から感じて欲しい。

章子も、晶も、直も、町の人達も、トラブルを引き起こす犯人達も、ここに出てくる全ての人達が愛すべきキャラクターで、見終わったとき、視聴者の人達がいつの間にか微笑んでしまう。
そんなドラマにしたい。

制作統括のことば …出水有三

「こんなのはどうですか!」挑むような、試すような、胸をはるような、打合せでの森安P。内気な私は「うん、うん、いいよ」と気弱にうなずく。というのは冗談で、本当に面白いのである。大概は半径100m以内、町内で起こるお話なんだけど。よくある話だと思われたそこのあなた、そんなドラマ昨今見たことありますか?そんなほっこりとしたお話、見たくありませんか?
森安Pが吹き込んだ息吹を、観月さん、田辺さんたち俳優陣が見事に体現!日曜の夜にチャンネルを合わせていただいたら、章子、晶はもうあなたのご近所さんです!

制作統括のことば …森安彩

『謎解きホームコメディ』という、ありそうでなかった新ジャンルに挑戦しております。忙しい毎日を送る大人達が、家に帰ってホッと、そしてダラッとできる瞬間をイメージして作りました。家族はもちろん、仕事、ご近所、子供の学校、それぞれの関係者との交流も密に描き、森川家の日常を楽しくカラフルに立体的に表現しています。私自身、「毎日を変わらず元気に過ごせることは、本当に幸せなことなんだな」と、スタッフ、キャストの皆さんとともにこのドラマを日々ドタバタ作りながら実感しています。視聴者の皆様にとって、‘元気の素’&‘つかの間の息抜き’的存在のドラマとなれるよう、心を込めて作りたいと思っております。

【番組情報】

プレミアムドラマ「捜査会議はリビングで!」

【放送予定】
2018年7月15日(日)スタート<49分・連続8回>
BSプレミアム 毎週日曜 よる10時から
【作】
武井彩、秋山竜平、横幕智裕
【音楽】
兼松衆
【出演】
観月ありさ、田辺誠一 ほか
【制作統括】
出水有三、森安彩
【演出】
河野圭太、都築淳一、木下高男

ご感想掲示板

【投稿データの読み込み中】
投稿件数が多い場合、表示までに時間がかかります。データが表示されない場合は、再読み込み・キャッシュの削除をお試しください。
掲示板を読む