おもな登場人物(キャスト)

観月ありさ

森川章子(41)

観月ありさ

千葉県警刑事部特殊班所属の刑事。自分のムダに多い元気と体力は正義のために費やすべきだ、と警察官になる。恐ろしく直感が働くが、論理的な思考は苦手。基本的には大ざっぱで、家事全般も苦手。柔道黒帯。師匠は所轄時代の上司だった正倫。仕事の内容を他人に知られてはいけないため、ご近所には商社勤めとウソをついている。

田辺誠一

森川晶(44)

田辺誠一

3代続く警察官の家系に育ちながらも、運動と体育会系ノリが大の苦手で、ミステリー作家になる決意を固める。だが晶の小説は大衆受けせず、マニアに人気。なにげなく書いた家事ブログが大当たりし、今では『カリスマ主夫』と呼ばれる存在に。『入江久蘭(いりえくらん)』というペンネームを使っているため、小説家であることはご近所には知られていない。

片桐仁

谷悠馬(38)

片桐仁

うつぎ出版勤務。晶の編集担当者だが、晶の小説を読んでも意味がまるで理解できない。どんな形でも売れてくれればいいやと思っており、家事ブログにちなんだ仕事ばかり持ってくる。ミーハー。

トリンドル玲奈

桂木綿子(25)

トリンドル玲奈

直の担任。赴任当初、「桂木(かつらぎ)綿子(わたこ)」と勘違いされ、以来『わたこ先生』と呼ばれている。ものすごく天然で、生徒にラブレターをもらっても、その真意に気づかず、誤字脱字をチェックして「もう少しがんばりましょう」とスタンプを押しちゃうキャラ。

松下洸平

松井広樹(28)

松下洸平

西花町交番のお巡りさん。どこか頼りなさげで、いつもご近所の主婦たちにクレームを言われている。章子が特殊班の刑事だと知ると、代わりに動かされ、コキ使われる。

遠藤雄弥

高城敦(30)

遠藤雄弥

千葉県警刑事部特殊班所属。一番後輩で、配属されたばかり。独身。結婚に夢を抱いていたが、先輩たちの話を聞くうちに、「面倒くさそうだな……」と萎え気味。

山野海

原井珠江(52)

山野海

ご近所の主婦。直の同級生の三平の母。お酒が大好きで、もともと豪快な性格が、酒を飲むとさらに豪快になる。明るく憎めないキャラクター。

佐藤直子

田丸茂乃(67)

佐藤直子

ご近所の主婦。夫に先立たれ、今は一人暮らし。一番の年長者でご意見番的存在。西花町にはかれこれ40年住んでいるのだとか。大いにしてごもっともなことを言う。ひそかにラブロマンスの本やドラマが大好き。

山口景子

黒岩恭子(45)

山口景子

ご近所の主婦。情報通。そして噂話が大好き。そんなわけで情報に信憑性があるのか、ないのか微妙なところ。夫は夜勤の警備員の仕事をしていて昼間はたまにしか一緒に出歩かないが、一緒にいるときはラブラブ。

池田良

遠山達也(37)

池田良

千葉県警刑事部特殊班所属。妻子あり。柴村の様に家族に嫌われたくない一心で家族サービスをしている。小学生の娘にはすでに雑な扱いを受けており、パパの威厳を取り戻すのに今は必死。

長浜之人(キャン×キャン)

加藤猛(40)

長浜之人(キャン×キャン)

千葉県警刑事部特殊班所属。独身。何事も根性で乗り越えられると信じている体力自慢の体育会系。ご近所にかっこいいと思われたくて、職業はパイロットと嘘をついたものの、自分の嘘がうまく通せなくなって、逃げるように引っ越す羽目に。

庵原匠悟

森川直(9)

庵原匠悟

晶と章子の一人息子。小学校4年生。右脳派の母と左脳派の父親の間に生まれ、二人のいいところを受け継ぐ。両極端な両親を見ているため、9歳にして人生を達観気味。

深田真弘

堂島翔(9)

深田真弘

直の同級生。ネットへの動画投稿にハマっているやんちゃな少年。とにかく面白そうなことには敏感で鼻が利く。何をするにもいつも言いだしっぺだが、大概途中で飽きてしまう。ワタコ先生が大好き。

田村継

原井三平(9)

田村継

直の同級生。いつも弱腰。豪快な母と気弱な父の間に生まれた男三人兄弟の末っ子。根は優しいが、自分に自信がないせいか、今一歩勇気が足りない。食べることが大好きで、いつもお腹をすかせている。

西澤愛菜

三重野エミ(9)

西澤愛菜

直の同級生。ちょっとおませな女の子。転校生である直のことが気になっている。斜に構えているように見えるが意外とおせっかいな面もある。図らずも名前が回文になっていて、本人はその一点においては親に対し大いに不満を抱いている。

名探偵

語り:名探偵

橋本じゅん

堀部圭亮

柴村健司(45)

堀部圭亮

千葉県警刑事部特殊班所属。特殊班リーダー。まじめなタイプで何事も慎重に進めたいのに、いつも勢いで先走る章子に頭を抱えることしばしば。恐妻家。

鷲尾真知子

花田道子(66)

鷲尾真知子

ご近所の主婦。早々に章子のおかしな行動を目撃し、疑い始める。「森川家は絶対普通の家族じゃない…尻尾をつかんでみせる!」と、ひとり闘志を燃やす。ミステリーマニア。

小野寺昭

花田鉄雄(68)

小野寺昭

道子の夫。疑り深い妻とは真逆で、穏やかで朗らか。ご近所のムードメーカー。押しの強い主婦たちの尻に敷かれているが、それもさほど嫌ではない。

高橋英樹

森川正倫(70)

高橋英樹

晶の父。かつてはたたき上げの警察官で、ノンキャリアで署長までのぼりつめた。柔道の達人であり、現役時代の弟子の一人が章子である。現在は師範として柔道場を切り盛りしている。精神論と根性論が大好き。息子の晶とはソリが合わない。孫の直が警察官になってくれることを望んでいる。

ご感想掲示板

【投稿データの読み込み中】
投稿件数が多い場合、表示までに時間がかかります。データが表示されない場合は、再読み込み・キャッシュの削除をお試しください。
掲示板を読む