NHK大阪放送局

関西ラジオワイド KANSAI RADIO WIDE

ARCHIVE 過去作品

平成26年8月21日放送「自転車に乗って」

増田師範の作品

自転車に乗ってみたい、と言ったら
親父が買うのではなく、捨ててあった自転車を拾ってきて
自分で修理して、ペンキを塗って、俺に与えた。
そんな銀色の自転車がメッチャ恥ずかしかったけど
少しは親父の気持ちがわかる歳になった

SKE48 松井 玲奈 さん の作品スーパー増田賞

自転車に乗って
自転車に乗って
自転車に乗って
ここまで来た

ニツコリ さん の作品増田賞

自転車に乗って
彼女の家の近くに来た
出会ったらどうしようー。胸をときめかせながら
それでもゆっくりペダルを踏んで

通りすぎた 遠い思い出

井上 ヨシ子 さん (大阪市城東区・66歳)の作品入選

自転車に乗って 今日も風に 会いにきた
川の水面に 会いにきた
自転車に乗って 空の青に 会いにきた

注ぐ木漏れ日に 会いにきた
藤原 元恵 さん (大阪府守口市)の作品入選

自転車に乗って
ビンのお酒配達に行った
着いたら割れていた
母はだまってつみ直してくれた

空飛ぶキノコ さん (兵庫県西宮市・13歳)の作品入選

自転車に乗って
山へ行こう
澄んだ空気と遠景を眺めれば
きっとどんな悩みも
吹き飛んでしまうだろう。

家族に感謝 さん (大阪府吹田市・44歳)の作品入選

自転車に乗って
君は颯爽と風をきる
こけながら練習重ねた幼少期。
駅へ向かう君の姿を追ってるうちに
晴れているのになぜか君の背中がぼやけて見えた

キッチン・ドラッカー さん (滋賀県日野町・37歳)の作品入選

自転車に乗って
私を追い越していった 制服の少女たち
その背中に 重なって見えた あれはきっと いつかの私
前だけ見つめ 振り向きもせず
二度と戻らない 戻れない風が 駆け抜けていく

高田の茶壷 さん (奈良県大和高田市・90歳)の作品入選

自転車に乗っている人に
「アア・奥さん、今打水したばかりやから、滑らんようにして下さいね」
「お爺ちゃん何言ってんの、そんなら雨の日に言い続けるの・お節介もいい加減にしときなはれや」
「そういうけどな、この年になってついつい口がでるのや、その内におまはんもこうなるんで」

太陽の陽子 さん (東京都練馬区・46歳)の作品入選

自転車に乗って
そのまま そのまま
まっすぐ まっすぐ
初めてのコマ無し
あの瞬間

増田 邦比古 さん (京都市西京区・60歳)の作品入賞

じてんしゃに のって
うるんだ みちを
ぜんそくりょくで
きみを むかえに
にじたつ まちへ

 
老恋峰 さん (兵庫県西脇市・58歳)の作品入選

自転車に乗って空を駆け
自転車に乗って海を渡り
会いに行きたい
星になった君

小林 百代 さん (神戸市兵庫区・72歳)の作品入選

自転車に乗って
市場へでかけた
帰えり道信号で立ち止まり
両手に荷物

あれ? 自転車忘れた
長木 一聖 さん (愛知県豊川市・10歳)の作品入選

自転車に乗って
百年後の未来に行った
着いたぼくは百十才の
ロボッ博士になっていた
やったーゆめがかなってる

アル・パチーナ さん (愛知県・56歳)の作品入選

自転車に乗って
中学生になって通学用の自転車を買ってもらった
初めてのドロップハンドル、方向指示器、そして5段変速ギア
変速レバーを高速の位置にシフトした瞬間
自転車はスーパーカーに大変身

加茂長命 さん (京都府木津川市・75歳)の作品入選

自転車に乗って
宇宙を疾走す
きょうもETおらなんだ

ぐっちー さん (兵庫県西宮市・41歳)の作品入選

自転車に乗って
坂道をのぼろう
50歳でようやく折り返し
そのうち楽な下り坂も
きっとでてくるよ

平成26年8月21日放送「冷たい」

増田師範の作品

冷たい人がトップにならないと
その国や街の借金はなくならない

ぐっちーの妻 さん (兵庫県西宮市・45歳)の作品増田賞

冷たい
水しぶきをあげて 子らが遊んでいる
今がいちばん幸せと
二度とめぐってこない夏を

私も目に焼きつける

カワカミミヤコ さん (大阪市城東区・49歳)の作品入選

冷たい
皆のいる前では冷たい態度をしたり視線をそらしたりしないでね。
私は貴方の気持ちに気づいているから。

中井 實 さん (兵庫県西宮市・72歳)の作品入選

冷たい
沢の水
石ころを動かす
迷惑そうに

沢蟹が逃げる
山根 早苗 さん (兵庫県豊岡市・64歳)の作品入選

冷たいネ、あなたの手
もみじの手が、手を振る
元気に飛びまわり、コッチコッチと手を振る
手が、温かくなると
あなたの手は、ねむりの国へ帰る

老恋峰 さん (兵庫県西脇市・58歳)の作品入選

冷たい夜
冷たい雨が肌を刺し
冷たい言葉を僕が発し
冷たい涙が君の頬を伝わった
凍りついた二人の恋 悔やみきれない過ちの夜

ぐっちー さん (兵庫県西宮市・41歳)の作品入選

冷たい
あまりにも冷たい
なぜ君は冷たいのだ
これだけ毎日
駄洒落で楽しませているというのに

時化田若僧 さん (京都府亀岡市・74歳)の作品入選

冷たい
まだ明けきれない朝の月はどこか淋しげでした
このころの月は何と呼ぶのでしょうか
絹衣のように翳んだ朧月から五月雨へ遷る月は澄みきった空に冴えるでもなく
やや赤みがかってもの憂さ訴えているようでした

たか☆モンジロー さん (京都市中京区)の作品入選

冷たい
逆風を受けつつも
前だけをむいて
人生の冬を今
きみとともに

南 新子 さん (大阪府寝屋川市)の作品入選

冷たい君は氷のような女
心の扉閉じたまま
その君へラブレター攻め
六年の歳月流れ
氷の心解かす

名越 鈴枝 さん (広島県庄原市・66歳)の作品入賞

冷たいね あなた
おいしいね あなた
見つめ合って
とろけるソフトクリーム

 
自画爺賛 さん (兵庫県猪名川町)の作品入選

冷たい
本当に 君は冷たいね
自分の身を削って
頭の芯まで私を悩ます かき氷

近つ飛鳥のチェリー さん (50歳)の作品入選

冷たい
それが心地好い
蝉のお小水
今年も涼を

ありがとう。
樋川 眞一 さん (大阪市住之江区・84歳)の作品入選

冷たい今朝お尻にヒヤリ
小さい秋便座にも
忍び来る

腐ォトショッピー さん (大阪市港区・36歳)の作品入選

冷たい
つべたい、ちべたい、ひやこい、ひゃっこい、しゃっこい、はっこい、
ひやい、ひやか、つんたか、ひじゅる…
図書館で全国方言辞典を見ている私
クーラーの風が冷たい

平成26年8月21日放送「忘れてしまいたい」

増田師範の作品

忘れてしまいたいけど
忘れられない人がいる
それを心にそっと仕舞って
隣に大切な人がいる
それが結婚ではないだろうか…

とあき さん の作品増田賞

忘れてしまいたいなんて言わない
たとえ涙の結果に終わっても
球場につまりにつまった
それぞれの思い
今年も夏が去っていく

カミこう さん (香川県・22歳)の作品入選

忘れてしまいたい
昔の思い出傷だらけ
私の記憶なくしてほしい
白い消しゴム

りお さん (愛知県岡崎市・47歳)の作品入選

忘れてしまいたい。
キミと出会って
初めて思った。
“出会いがあれば別れがある”そんな言葉が
あることを。

ピカピ☆@みほりん さん の作品入選

忘れてしまいたい
昔の彼との思い出
暑い夏が来る度思い出す
早く夏が終わればいいのに

ロイヤルさわやか さん の作品入選

忘れてしまいたい
忘れてしまいたいのに、、、
忘れられずにもう十年
こんな自分をやっと許せた
君のおかげで

葛城市の蛙 さん (奈良県葛城市・56歳)の作品入選

忘れてしまいたい
そうつぶやいた20歳代
忘れないで と祈った30代
忘れちゃった とうそぶいた40代
忘れたくない そんなことも忘れる50代

若年寄ゑびす さん (岩手県花巻市)の作品入選

忘れてしまいたい あの日の出来事
だけど忘れていけない あの日の出来事
あの日が始まった時から
忘れることへの三つ巴のたたかいが始まる
トラウマと記憶と風化と…

みなづき さん (大阪府・45歳)の作品入選

忘れてしまいたい
昔愛した男たち
な〜んてセリフ、言ってみたいもんだ

ストーム さん (新潟県・33歳)の作品入賞

忘れてしまいたい
合コンの会計時に気がついた
サイフがなかった時の寒気

 
つばさが欲しいおばさん さん (埼玉県加須市)の作品入選

忘れてしまいたい 私の初恋
でも忘れきれずに40年の月日
つらい時、悲しい時に 心のささえはいつも初恋の彼
会いたい、でも会えない
別々の人生

ページトップ