大阪放送局トップへ
トップページ  番組情報  関西ラジオワイド  増田英彦の夕刊ポエム

増田英彦の夕刊ポエム

平成22年7月23日放送
「りんご飴をかじったら」

  • 増田師範の作品

    りんご飴をかじったら
    モモコはチョコレートをかじった
    さすが漫才コンビ
    好みはバラバラ…

  • ★★★ 増田賞(3ポイント)
    津川  さん (兵庫県尼崎市)の作品

    りんご飴をかじったら
    どんな味がするんやろ
    歯が痛くなるほど甘いんやろか、それとも酸っぱいんやろか
    この年になってまだ思っている
    食べたことないの

  • ★ 採用作品(1ポイント)
    後ろ髪が長い水上さん さん (和歌山県田辺市・36歳)の作品

    りんご飴をかじったら
    口の中いっぱいに広がる甘酸っぱい味、自分が世界で一番幸せであるかのように
    時間よとまれ、どうかこのまま
    無くなる頃には切なくなったあの頃
    今かじると、どんな気持ちになるのだろう

  • ★ 採用作品(1ポイント)
    高田 清香 さん (奈良県葛城市)の作品

    りんご飴をかじったら
    遠い昔の夜店が見えた
    ゆかたの模様も
    黄色の帯も
    忘れられない故里見えた

  • ★ 採用作品(1ポイント)
    びわの美 さん (神戸)の作品

    りんご飴をかじったら
    孫の手のぬくもりが染み込んでいる
    一緒にお祭りに行けなかった私に
    「お土産だよ」と渡してくれた
    小さな手のぬくもりが・・・

  • ★ 採用作品(1ポイント)
    カーラー さん (大阪市平野区・19歳)の作品

    りんご飴をかじったら
    化粧っけのない唇に紅がさした。
    りんご飴を手に持つ、男も女も子供もみんな
    唇に紅をさして、笑っている。    

  • ★ 採用作品(1ポイント)
    ゆうゆう さん (兵庫県西宮市・29歳)の作品

    りんご飴をかじったら
    下駄の響きがよみがえる
    カラン… コロン…
    一定のリズムを刻むあなたの足音に
    私の鼓動が重なった、あの日

  • ★ 採用作品(1ポイント)
    生え際の魔術師 さん (大阪市中央区・43歳)の作品

    りんご飴をかじったら
    彼女も美味しそうにかじっていた。
    彼女が恥ずかしそうに言った。
    「ねえ、わたしのはがた見たい? は、が、た。」
    お互いのはがたをこっそり見せっこしたあの日。
    遠い思い出、青春の夏祭り。

  • ★ 採用作品(1ポイント)
    ハビエル さん (大阪府大阪市)の作品

    りんご飴をかじったら
    飴がとろけてりんごが出てきた
    その赤いりんごに唇寄せてる君
    あぁ、君はとろけさせるのが本当に上手だ
    りんごみたいにハート型で赤い、僕の心も

  • ★ 採用作品(1ポイント)
    詩がまさる さん (大阪府柏原市・47歳)の作品

    りんご飴をかじったら
    リンゴはあまりおいしくないと気付く。
    飴のところだけ食べて
    子供たちは走って祭りへと戻っていく。
    彼らが知る幼い恋もきっと、こんな風だ。

  • ★ 採用作品(1ポイント)
    小林 朝子 さん (大阪市鶴見区・58歳)の作品

    りんご飴をかじったら
    あぁ、こんな小さいままでもがれてしまってー。
    もっと大きくなりたかっただろうに。
    いいえ。私はこれで一人前なんですよ
    甘ずっぱいなかから、そんな声が聞こえた。

  • ★ 採用作品(1ポイント)
    たか☆モンジロー さん (京都市中京区・35歳)の作品

    りんご飴をかじったら
    幼い息子が欲しいと言うので
    食べ掛けをやると
    バナナあめはなぜないのかと聞いて来る
    そんなこと、オレは知らん

ページの先頭へ