やまとの季節

2022年03月23日 (水)

やまとの季節七十二候「人みなやさし 春の色」

「ならナビ」3月23日放送予定 

映像作家・保山耕一さんが、NHK奈良放送局「ならナビ」に、「やまとの季節 七十二候」をテーマとした極上の映像詩を届けてくれています。音楽は、スペインで活躍するピアニスト・川上ミネさんが、オリジナル楽曲を奏でています。

 

やまとの季節七十二候「人みなやさし 春の色」 春分


保山耕一

世界遺産などの撮影で活躍してきたフリーTVカメラマン。「奈良には365の季節がある」をテーマに奈良県各地で日々、奈良の空や光、花、月、寺、などを撮影し、SNS発表・上映会を続けている。

川上ミネ

スペインと京都を拠点に活動しているピアニスト・作曲家。「ラジオ深夜便・ピアノが奏でる七十二候」、Eテレ「やまと尼寺精進日記」などの音楽を手がけている。春日大社奉納演奏会を機に保山氏と出会い、「こころの時代」でコラボレーション。2019年秋から、「やまとの季節 七十二候」の新たな作曲・演奏をスタート。




七十二候 について

七十二候(しちじゅうにこう)は、古代の中国で生まれました。立春、夏至、秋分…などで知られる二十四節気(にじゅうしせっき)を、さらに約5日ずつの3つに分けて、季節の移り変わりを感じる名前がつけられています。日本では、江戸時代の「本朝七十二候」、明治時代の「略本歴」など、いくつかの異なる七十二候が作られてきました。

「やまとの季節 七十二候」では、保山さんが記録してきた奈良県各地の映像から、いまの「やまと」の暮らしの中で、季節のうつろいを実感できる映像を選び出し、オリジナルの名前を添えて紹介しています。奈良を愛する方々に…これから奈良に出会うであろうすべての方々に…こころを込めてお届けしています。 


【お知らせ】みなさまから心のこもったコメント投稿を数多くいただき、誠にありがとうございます。担当者一同、こころの励みとさせていただいております。関西ブログの投稿管理は、新しい記事の準備~公開作業とあわせて行っております。原則的には「新記事公開日に、前週投稿いただいたコメントをまとめて公開する」という運用です。その週のうちに公開できることもあるのですが、普段はお待たせしてしまうことが多いかと思います。どうかご理解のうえ、新しい記事公開とあわせてお楽しみいただければ幸いです。今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

yamato72.jpg

■ コメント(62)
  • 中山真澄

    2022年03月23日 14時23分

    NHKさま、今日も『やまとの季節七十二候』をありがとうございます。
    「人みなやさし 春の色」
    春の気配が立ち昇る、春色いっぱいの景色。
    青い空に綿のような雲。背を流れる水音、川面のきらめき。
    花で覆われた小高い山。花に酔いしれそう。まさに桃源郷!
    桜とともに咲くのは、見たことがない、もしかして山茱萸・サンシュユ?
    こんなにも、気持を包み込み心安らぐ奈良の景色。言葉にできない。
    保山さんにこれまで観せて頂いた映像で、癒されその美しさに打たれ、思い出の中に遊んだことも何度もありました。
    故郷の川、山、はては幼い子供のころの光景。
    いろんなことが思い起こされた2分余り。とてもありがたい時間でした。
    保山さんの映像は心に安らぎをあたえてくれます。
    奈良には、県外に住む私たちが知らないところが、まだまだありそうです。
    NHKさま、お願いがございます。
    1000年続く歴史ある奈良の景色をもっともっと見せて頂けないでしょうか。よろしくお願い申し上げます。
    「人みなやさし 春の色」・私の心も少しやさしくなったような…
    ありがとうございました。


  • 蓮葉

    2022年03月23日 16時22分

    この人のこの特質はどこから生まれて来るのだろう、と思うことがある。例えばミネさんの音の透明さ。どんな色に寄り添っても決して邪魔することはないけれど、一音一音が粒のように質量を持っている。たった一つの音であっても決して流されず、くっきりと印象に残る。まるで、ガラスや氷のような存在感。
    例えば保山さんの根っこの朗らかさ。風景を切り取るうえでの計算の緻密さや、詩として紡ぐうえでの感性の繊細さには毎回驚嘆している。けれども最も唸ったのは、ときおり現われる無限の朗らかさ。すべてを肯定するかのような、明るく穏やかな世界。「古池や」の句さながらに楽曲や環境音が映像の静けさを際立たせ、それが心にまで満ちてくる。
    今週の『やまとの季節』はまさにその極みだった。それが私には、保山さんからの、私たち視聴者、番組関係者、そして愛しき世界に対する感謝の表現であるように思えてならない。いつもより少し時間が短いことも、お礼だけを伝えたい、というお気持ちの表れのように感じる。
    今週が最終回になるかもしれない、と人伝てに聞いている。そうであってもなくても関係なく、今ここに至るまでの「お蔭様」の思いを伝えたい。応援は先につながるからありがたいのではなく、応援があったからこそ今ここまで続けてこられたのです。保山さんのそんな言葉が聞こえるような気がした。
    もちろん私も番組の放送継続を心から望んでいる。けれども、もしももしも終わってしまったとしても、これまでに頂いた数知れぬ宝物たちが私の心から消えることはない。だから私も今ここまでのお礼の言葉で今週の感想を締め括ることにしよう。
    NHKさま、すべての番組関係者の皆さま、ミネさん、保山さん、そして舞台となった奈良へ。どうもありがとうございました。ありったけの感謝と、珠玉の美の目撃者となれた喜びを込めて。

  • 堀尾岳行

    2022年03月23日 18時27分

    流れに梅の花一輪、陽光を浴びて、丹生川の水面もキラキラと。
    ケイオウ桜のピンク色とサンシュユの黄色、ウメの紅梅色、椿の赤色、
    西吉野の桃源郷に春の色溢れ、川面の流れが春の音に。
    川上ミネさん奏でる七十二侯「桜始めて開く」が春を誘っています。
    保山さん、春の色溢れ人の心みなやさしくなる
    西吉野の桃源郷の風景ありがとうございました。
    NHKさん、奈良の四季の移ろいを丁寧に撮影した番組
    「やまとの季節七十二侯」を放送頂きありがとうございました。
    戦争やコロナ禍で苦しむ人々に早く春が訪れますよう祈ります。

  • 篠原佳世

    2022年03月23日 19時01分

    光輝く美しい世界。日本、奈良。どこにでもある自然かも知れないけれど、その瞬間瞬間は二度とない時。風、花の色、いろんな色、こんな景色をありがとうございました。自然の豊かさを感じ、私自身の心も潤います。音楽もとても素敵だった。春が押し寄せてくるよう!

  • 高橋尚子

    2022年03月23日 19時12分

    関西ブログにいつもアップされる時間帯、今日はどんな映像と音楽かと想像を巡らしていました。
    若々しい川音、画面に溢れる明るい色、小さなミツバチもいました。気持ちが塞がれる日々、人間の素晴らしさは希望を持ち続ける事だと思います。突き抜けるような青空の向こうに希望が見えました。
    春に会う人 美しく みな優しい。
    保山さんから心のこもった贈り物をいただきました。ありがとうございます。
    全国での放送を切にお願いいたします。

  • 安藤憲一郎

    2022年03月23日 19時40分

    春の花がいっぱい。
    優しい色ですね。
    春の花は優しい。
    川の流れも優しくキラキラと輝いて、
    ピアノの音色もいつも以上に優しい。
    春は優しい。
    映像の全てに優しさが満ち溢れています。
    心まで優しくなりました。
    NHKのみなさん、今日も放送をありがとうございました。

  • 島岡和代

    2022年03月23日 21時40分

    人みなやさしく 春の色…梅一輪、川の流れの中で煌めいて、暖かくなってきたよ。春が来たんだよ。と言ってるみたい。のどかな西吉野の川の縁に咲くサンシュユの黄色い花や可愛い桜たち。なんて美しいのでしょう。ミネさんのピアノの音が元気な春の色で埋もれている桃源郷を優しく包んでいる。ここに住んでいる人たちの優しさがこの景色と同化し、それを包むかのようにカメラを向ける保山さんの優しい眼差しを感じました。優しい人たち、大切に育てられている優しい景色、いいなぁ~。
    NHK様、後、1回でこのシリーズは終わると聞いています。本当はまだまだ続けて欲しいのですが、無理なのですか?今までこのコーナーは欠かさず観てきました。なくなるとすごく寂しいなぁ。本当に寂しいです。(涙)

  • 青井三保子

    2022年03月23日 22時17分

    待ちに待った春!
    明るい陽射しに川の水もぬるみキラキラと・・・
    保山さんの映像はいつも優しくその時その時を映し出し
    わたし達に届けてくださる。
    たった2分間!
    すごい2分間!

    この時間が、3月いっぱいで無くなるって?
    さびしいです。
    本当ですか?

    これからも続けて頂けるようよろしくお願いいたします!

  • 本間悦子

    2022年03月23日 23時20分

    春、来ました!
    と言う感じですね。春の空気の匂いを感じました!

  • にこぷよ

    2022年03月23日 23時56分

    爽やかな気分になりました。例年になく寒い冬でしたが、春の清々しさを見事に捉えられている映像でした。こんなに気持ちいいのに2分では足りません。もっともっと観たいし感じたいです。

  • 2022年03月24日 00時27分

    『人みなやさし 春の色』
    川音が聞こえ懐かしいミネさんのピアノが流れる。
    丸い川岸地区にピンクの桜と黄色のサンシュユが密集して、見事に咲き誇る。
    泣きたいような嬉しいような感覚が溢れ、幸福感に浸る。
    でも、花は散りゆく。
    寂しさが追いかけて来た。

    ミネさん、保山さん、美しい春の色をありがとうごさいました。
    来週が最終回ですか、叶わぬ思い。

  • 坂田 昭子

    2022年03月24日 05時32分

         人みなやさし春の色                    こんなにも 美しい自然を!                   こんなにも 素晴らしい奈良を!           こんなにも やさしく せつなく 綺麗に!        保山さんは どうして表現出来るのでしょう! なぜ知っているのでしょう! きっと並々ならぬ努力と 人並み外れた英知と 鍛え抜かれた技術の賜物だと! この宝物を惜しみなく見せていただけた事に 御礼申し上げます! 万来の拍手を捧げます‼️                放送されたNHK様に感謝致します!                    あと1回! 30日の放送を 心して 観させて頂きます‼️

  • たかこ

    2022年03月24日 07時22分

    人みなやさし…心で繰返し、幾度も拝見しています。
    柔らかな春に触れている様で、温まります。ありがとうございます。
    風景が語りかけてくる。余韻が心に沁みてくる。この素晴らしい番組をどうか続けて頂けますよう、お願いいたします。

  • T取田

    2022年03月24日 11時04分

    自然の色は美しい,そう心から感じさせてくれる映像でした。ぼんやり見過ごしてしまう一瞬一瞬を撮影者さんの目線で切り取って見せていただく。するとそのあとの見える世界が変わってくるのです。芸術の力は不思議です。

  • はまゆう

    2022年03月24日 11時55分

    あっという間に春色の奈良になりましたね。
    ミネさんのピアノと保山さんの映像が優しくて、心が和みます。
    色とりどりの花々・青い空に白い雲。コロナや戦争で辛いニュースが多い中
    ひと時だけでも心が休まります。

    今年もまた保山さんが撮る吉野の桜が見たいです。
    どうか4月からも番組を続けて下さるよう、何か特番で
    もう少し長い時間の放送でも構いません。
    保山さんがリアルタイムで撮影されている奈良の風景を
    他都道府県の視聴者さんにも見られる機会を、お願い致します。

  • 山本博美

    2022年03月24日 22時52分

    桃源郷、そんな言葉がぴったりの木々が花に覆われる春。
    こんな風景がどこでも見られるように、この風景を楽しむ平和がどこでも保たれるようにと、保山さんの祈りがスーッと心に沁みて来ました。

  • 洋子

    2022年03月24日 22時58分

    なんて優しく美しい!
    贅沢な時間をありがとうございます。
    自然の営み、季節の移ろい、この映像、ピアノの音色によってどれ程こころを動かされ温められてきていることでしょう。
    こんな素晴らしい番組を終わらせないで欲しいです。
    どうか、心から、これからも全国放送でよろしくお願いいたします。

  • しょう

    2022年03月24日 22時59分

    空の青と黄色の花は、ウクライナ

  • えびっち

    2022年03月24日 23時01分

    桃源郷はここにある。
    今回は特にピアノの調べが心に沁みました。
    青い空と煌めく水面。
    咲きほこる花々を愛でる人々の心が、
    一時でも戦争を止めてくれますように。

  • 綾部収治

    2022年03月24日 23時08分

    自からの命を削りながら、いつも私達視聴者に心を込めて撮影、編集をして素晴らしい映像を届けてくださった保山さん、本当にありがとうございました。今回の作品も最後まで人を思いやる保山さんのお人柄がよく表れたものでした。次回放送が最後と聞いていますが、何としても番組の復活をNHKにはお願い致します。

  • 上野祐子

    2022年03月24日 23時23分

    やまとの季節七十二候「人みなやさし 春の色」
    拝見致しました。
    春の優しい、色やひかり。
    見終わった後には、優しい気持ちになれる美しい映像です。
    少しでも多くの方々に、優しく美しい奈良の春を感じていただきたいと思いました。
    保山さんの美しい映像の放送を今後も長く続けていただきたいと願います。

  • にこまる

    2022年03月24日 23時54分

    春の訪れを感じました。優しい気持ちになれました。
    遠い国では故郷を追われ、苦しみや悲しみの中で生きている人々がいる。
    さだまさしさんの『しあわせについて』をふと思い出しました。
    保山さんの映像で僅かな時間でも優しい穏やかな気持ちになれますように…。

  • 田んぼ

    2022年03月25日 00時04分

    空の青、色とりどりの花。平和を感じさせてくれる映像でした。
    今、世界は荒れていますが、この映像を観ていると、幸せ、平和は隣り合わせにあると感じます。
    もっとたくさんの人に観てほしい、そんな心温まる映像でした。
    ぜひ続きを魅せてください。

  • Hiromi S

    2022年03月25日 02時54分

    保山さんの映像はいつも本当に素敵で癒されます。今回も暖かい春を感じられる優しい映像で心癒されました。
    全世界に春が訪れて世界中の人々の心が優しさで溢れて戦争のない世の中になるよう私も祈ります。

  • 倉坂惠美子

    2022年03月25日 05時05分

    水が、風が、雲が、
    そして花達が、それぞれに
    春が来た喜びを全身で歌っていますね。
    保山さんの映像詩をもっともっと拝見したいです。
    もっともっとたくさんの方に観ていただきたいです。

  • 檜垣里枝子

    2022年03月25日 13時43分

    人はみな優し春の色。
    やまとの季節、七十二候、今週も優しい癒やしでしたね。
    世界中の人がこんな優しさに包まれたなら素晴らしいでしょうね。
    ずっと、これからもこの映像を待っています。

  • 小黒江利子

    2022年03月25日 19時08分

    寒い冬が長かったので、花の色が本当に心を浮き立たせますね。
    関東住みなのでテレビで観られる訳ではないのですが、番組3月いっぱいで終わりとのこと。残念です。

  • みんみ

    2022年03月25日 20時07分

    保山さんの映像とミネさんのピアノ、極上の時間です。つらくて、気持ちも沈んでしまうと、空の美しさや花が咲いていることも見えず。。。そんな時、まわりには揺るぎない美しい世界があることをやまとの季節は教えてくれています。この美しい、祈りの映像がこれからもたくさんの人の支えになりますように。

  • 戸田 克子

    2022年03月25日 21時19分

    春のにおいがこちらまで届きそうです
    気持ちが晴れ晴れとします
    思わず、背伸びしたくなります
    桜の季節はカメラマンとして試される時期と保山さんは仰っていたが、春爛漫の奈良、散り敷く桜、新緑と保山さんが今年はどのように捉えるか、是非拝見したいです
    どうか、来年度も「やまと七十二気候」を放映してください
    よろしくお願い申し上げます

  • 工藤美千代

    2022年03月26日 00時41分

    山里から萌えいづる春の花々は、なんと平和に揺れているのでしょうか。邪心なく時が来るとこうやって彩を添えてくれることに、感謝、感激、感心。
    そしてそれを拾い上げて来てくださる保山さんにも!今週もありがとうございます。

  • 安倍川餅

    2022年03月26日 00時47分

    映像を見終わって、心の中に気持ちいい風が流れて、真っ白な心になっていました。ミネさんの澄んだピアノの音色が暖かい風を運んできてくれました。先日、母が亡くなって、心残りや申し訳なさ、寂しさ等などの重い心を優しく包んでくれました。この2分間が無くなるのは、路頭に迷うような気分です。NHK様、どうか保山さんとミネさんのピアノが届くような企画を何卒よろしくお願いします。

  • Masako KIMURA

    2022年03月26日 14時22分

    「人みなやさし 春の色」
    浮き立つ華やぎというよりも、ちょっと心を抑えた華やぎを感じました。日本の里の春ですね。こんな優しい色彩に囲まれたら、みんな穏やかな気持ちになれるはず。そう思って拝見しました。
    今回もありがとうございました!

  • 釘谷洋子

    2022年03月26日 15時16分

    人みなやさし 春の色
    水面の煌めきをじっと見つめていると春の訪れがじんわりと沁みてきました。あ〜春が来てくれたのだと安堵の気持ちが込み上げました。サンシュユと桜が微笑み合うように咲き競う西吉野の桃源郷、優しい春色に包まれるような幸せな気持ちになりました。一人一人がこんな気持ちで日々を過ごせたら、争いなど生まれはしないのに。ミネさんのこの曲はこの映像をより穏やかな空気感へと導いていますね。
    色々な事があってしんどい時もあります。でも、この映像詩を拝見すると気持ちがリセットされて楽になれるのです。美しい自然と制作して下さる皆様のおかげです。本当にありがとうございます。

  • 泥中の蓮

    2022年03月26日 19時38分

    ほざんさん いつも心が透き通る映像を有難うございます。
    季節と語りあえるこの時間が好きです。楽しみにしていました。
    どうか どうかまたほざんさんの映像を見られる機会を作ってください。お願いします。

  • 井村秀雄

    2022年03月26日 20時54分

    無常。祈り。

  • 夢虫

    2022年03月26日 21時03分

    あっ、映像詩「やまとの季節」の曲ですね。やまとの季節のイメージにぴったりな雅で美しい曲です。ミネさん、いつも素敵な曲をありがとうございます。
    澄みわたる青空、川のせせらぎ、きらめく水面の輝き、淡紅色、濃紅色、黄色、赤と色とりどりの春の色。心が柔らかくなるなんと長閑な春の景色でしょう。心の中に春の風が心地よく吹いてきます。花の香が漂ってきます。川の水しぶきの心地よい冷たさまで感じることができました。
    邪気のないこんなに清らかで美しい春の色の映像詩を観たなら、どの人の心もみな穏やかで優しくなることでしょう。
    桜の花のように美しくも儚く繊細な保山さんの映像は、砂利の中から埋もれた小さな美しい宝石を探すように、心を向けて見なければ気づかないほど繊細なもの。日々の忙しさに自分を見失い心を忘れていると、本当に大切なものに気がつかなくなってしまいます。
    理屈を超えた領域にある保山さんのたとえようもなく美しい映像。
    命は大切なものと言葉で何百回云うよりも保山さんの映像詩を観たほうが、言葉を超えて命の尊さが心に伝わると思います。私の命もあなたの命も共に大切なもの、生きとし生けるもの全ての命が大切なものなのだと、心の底から気づけるはずです。
    私は約1年間映像詩を拝見して、ストンと腑に落ちたことがあります。特別な何かにならなくとも、"ありのままに生きているだけで一人ひとりの命は輝いている" ことに気づかせていただきました。ありがとうございます。保山さん。
    NHKさん、「やまとの季節 七十二候」は本当に30㈬で終了なのでしょうか? 私ども視聴者の意向は「やまとの季節」の継続です。これでいいのかNHKさん、どうか視聴者の意向にそって放送の継続を今一度、再考いただきますようにお願い申し上げます。どうかよろしくお願いいたします。

  • 鳳仙花

    2022年03月26日 21時15分

    今週も素敵な映像詩を届けていただきどうもありがとうございます。
    優しい春色の花々に川のせせらぎ柔らかなピアノの音色に心が穏やかに優しい気持ちになりました。

    残念な話を聞きました。
    30日の放送でやまとの季節がおわってしまうという・・・
    もし本当ならこんな残念なことはありません。ぜひ継続していただきたいです。
    一週間に一度の二分間の番組。たかが二分間されど二分間。こんなに素晴らしい番組はありません。
    その映像はその場所に行けば、その時間に居れば撮れるものではないと思います。
    保山さん以上の撮影技術や撮影機材hがあったとしても。
    なぜなら保山さんの奈良を愛する想いとやまとの季節に懸ける情熱が他の誰にもかなうものではないから、そう思うのです。
    去年の桜と今年の桜が違うように一日も同じ景色はありません。どうかこれからも奈良の365日を届けていただけたらどんなに嬉しいことでしょう。継続をあらためてよろしくおねがいいたします。

  • 井元路子

    2022年03月27日 00時02分

    西吉野の桃源郷!見ていると、とても優しい気持ちになりました。空も春色、空気も!本当にありがとうございます。

  • あすか

    2022年03月27日 08時59分

    「人みなやさし 春の色」
    弥生の空が晴れ、ピアノは春の調べ。
    淡いピンクから濃いピンク、赤、あたたかな黄色……と、桃源郷の色彩に心華やぐ。
    咲く花に笑みがこぼれる。
    保山さん、川上さん、今週もありがとうございます。
    「やまとの季節」の移ろいと美しさを、これからも伝え続けてください。

  • 風蘭

    2022年03月27日 14時28分

    やまとの季節七十二候
    「人みなやさし 春の色」
    清流せせらぎの音 川の流れに一輪の紅梅 水の旅に出るのです。春の川 煌めいて湧き立ち 柔らかい山の緑を映して翡翠色 向こうに吊り橋も見える
    五條市西吉野川岸 丹生川沿い 花街道 里山の春 五條市は吉野川と丹生川が流れ かつては水運 渡しの要衝の地 柿と梅の特産地 春は梅の香りが漂い山々を伝って流れるのです。
    抜けるような青い空 ぽっかり浮かぶ白い雲 黄色 淡いピンク 濃いピンク 地上に花の雲 樹の花はいいですね。冬の寒さ北風にすくめていた首も樹の花を眺め青い空を見上げる 春はいいですね。
    春山は山茱萸 啓翁桜 桃 椿 梅 連翹 辛夷の花盛り 春爛漫 この景色のなかにいると思わず古来から伝わる隠れ世隠れ里の伝承に思いを馳せてしまう 
    奥深い山中に 川淵の底に 神の遊び給う隠れ里がある 時空を越える異郷 吉野は今なお深く私たちの憧憬を誘うのです。
    西吉野 北に神奈備山白銀岳を拝し丹生川に抱かれて記紀の時代から中世南朝 幕末動乱期と歴史的転換点に登場する西吉野 いまこの春 春の空に雲が浮かび清き水流れる このやすらぎの里の穏やかな景色がなににも増して尊く思われます。
    保山さん いつも素晴らしい映像詩を有難うございます。ミネさん 清流せせらぎの音に溶け込んだ軽快な春の調べ春の音を楽しませていただきました。
    奈良放送局様 関西ブログ様
    「保山さん×ミネさん×百年ピアノ」
    今週も制作放送配信ありがとうございました。
    これからもこの珠玉の番組が継続されていきますように祈っています。
    皆々様 これからもどうぞ宜しくお願いいたします。

  • 造田 登基子

    2022年03月27日 15時06分

    「人みなやさし 春のいろ」 厳しかった冬から、一斉に咲き出した花。頑張ったね。春が来ました。別れの春、そして出会いの春です。冬の後に春が来る、当たり前の事がとてもとても愛おしい。花咲き乱れる西吉野村。いつもいつもこの美しい映像詩に、感動し心救われていますそして、ミネさん、保山さんに、この新しい季節に新しい希望と出会いがありますように。

  • 戸倉千惠子

    2022年03月27日 17時27分

    春の命を一杯に咲く花。青空、水音と水面の光。美しい映像に手を合わせました。
    保山さんありがとうございます。

  • 佐々木美保子

    2022年03月27日 21時33分

    心を包み込むような暖かな春の日差し、青い空に浮かぶ白い雲、色とりどりに咲く美しい花、煌めくピアノの音色、とっても幸せ一時をありがとうございます。この映像見せていただけで本当に幸せになります。
    社会では色々な事が起こりますが、一番大切なのは人々の意識の持ち方ではないか、と思うこの頃です。身近にある美しいものに感動し、人の優しさ繋がりを信じ、祈りや慈悲の心を持ち続ける、そこに未来の明るい光です見えてくるように思います。
    保山さんの映像にはそのような力があります。私たちに明日を生きる勇気や希望を与えてくれる、人間本質に迫る力があります。どうぞ、この閉塞感のある現在を越えていくためにも、この番組を何とか続けてください。よろしくお願い申し上げます。

  • 小町 智子

    2022年03月28日 00時00分

    うららかな春の訪れは、人の心をやさしく、仄かな暖かさを与えてくれます。鮮やかな一輪の赤い椿に春色のせせらぎ。 エメラルドグリーンの川面にも眩しいほどにキラキラと春の光の粒。
    吉野川の中洲、満開の桜色に幸せを呼ぶ黄色のサンシュは淡く漂う春の色。まるで大きなブーケのような美しさ。空は澄みきった紺碧色に白い雲がぽっかり。
    優しい春の色に包まれた川岸は、幼少の頃、優しい姉と歌いながら遊んだ暖かな春の思い出が甦えり、たった2分間の映像詩なのに、無垢で幸せだった時代を回想する事が出来ました。保山さんの映像詩には不思議な力があります。人、各々の胸に眠っている大切な宝物を引き出す力です。「人みな優し春の色」が語ってくれてます。
    今回もNHK奈良局様、素晴らしい映像詩!感動を頂きました。有り難うございました。


  • s.a

    2022年03月28日 01時03分

    季節が巡り、春が来る。けれど同じ春は来ない。1日たりとも1秒たりとも同じものは無い。その花、その光、その風。景色を観るのは命を感じること。美しい景色は命の美しさを感じることと繋がっている。そんなことを思いました。

  • 野尻恭子

    2022年03月28日 09時46分

    「人 みな やさし 春の色」
    皆さん、いろんなことを乗り越えて、ふと、一息つくと辺りは一面春になっていた❗️そんな春の訪れの喜びを映像から感じます。吉野川の川の流れの音もキラキラやさしくて、のんびりと感じていたいです。
    保山さんとミネさんの72候、楽しみにしていました。
    リアルタイムで奈良の一番季節を感じられる場所を真摯に伝えようとしてくださっている誠実な番組でした。
    またいつか、続編が放送されることを期待しています。

  • 三好直子

    2022年03月28日 10時55分

    花々の色、新芽の色、澄んだ空と雲の色、陽の差し込む川の色、春の色はみんな優しいですね。
    人もみなやさしかったら・・・また違った世界になっていたかもしれないです。
    春の優しい風景とは対照的に、川の流れる激しい音にどきっとしました。
    ミネさんのピアノと保山さんの映像、日本のそして奈良の美しく大切な記録として残してほしいです。

  • 坂井節子

    2022年03月28日 20時01分

    待ちわびた春の色が画面いっぱいに勢ぞろい 絵の具の中から優しい色だけ
    取り出したような日本の春の色。誰かがどこかで春を告げる指揮棒を振っているのでしょうか。 ミネさんの春風のようなリズムに 私の肩も右に左に自然に揺れてしまいます。一足早いお花見を有難うございました。
    さぁ桜 桜 桜 保山さんの季節が楽しみです 

  • 吉田久美子

    2022年03月28日 23時04分

    真っ青な空の色。ボンヤリ浮かぶ白い雲。桜のピンク…
    春の色はこんなにも、鮮やかだったかな、こんなにも優しかったかな…
    この世界は、色で溢れる世界で良かった…
    そんな事を思いつつ、

    保山耕一様、川上ミネ様、この番組にかかわる、全てのスタッフの皆様、長きにわたり、番組を届けてくださりありがとうございました。心から感謝致しております。

  • くぅ

    2022年03月29日 00時20分

    「人みなやさし春の色」
    梅一輪浮かぶ川面に陽の光が力強く、すべての命の躍動の予感。
    キラキラした水面は幻想的な光を纏い、まるで瑠璃灯篭のような…その一瞬の映像が保山さんならではの世界。
    時折風が強く寒の戻りに身を竦めるけれど、春の息吹はそこかしこに満ち満ちて、人の心も優しさに包まれる。
    真っ青な空、白い雲、濃い緑の常緑樹、花の色を数えていたら、あっという間に…え?もう終わり?まだまだ春を感じていたい。と、もう一度始めから…関西ブログで拝見している私は繰り返し繰り返し…2分では終わりません。
    NHK様、本当に「やまとの季節七十二候」を手放してしまわれるのですか?どうか再度継続をご検討頂けませんでしょうか。
    何かとても大切なものを無くしてしまうような気がしています。
    NHK様、保山さん、川上ミネさん、今週もありがとうございました。

  • 片山和美

    2022年03月29日 03時30分

    キラキラした川のせせらぎ
    空の白と青、いろいろな花々達の色
    様々な色がとても美しくて、とても悲しい
    こんなに美しいものを見て悲しいのは何故でしょう

    どうしてこれがこの先見れなくなるのでしょうか
    何よりそれが悲しくて
    今回は何度見ても涙しか出てきませんでした
    NHK様どうか放送を続けることは出来ないでしょうか
    是非是非もう一度検討して頂きたいです
    そして保山さん美しい映像をありがとございます
    これからも心が豊かになる映像を撮り続けて下さい

  • 木下ようこ

    2022年03月29日 05時10分

    河原の音、風の音か、瞬間に河原に佇んでいるような感覚。
    水の流れのキラキラや吉野のやさしい春の色、川上ミネさんのピアノのメロディ、とても素敵で、しあわせなきもちになりました。
    極上の2分間、何度見返しても素敵です。心待ちにするこんな素敵な番組は他にないと思います。なくさないで欲しい。切実にお願いします。

  • 神田雪子

    2022年03月29日 07時59分

    日差しが、川の水面の煌めきが、美しい…。サンシュユの「春ですよ〜」と言う声が聞こえて来ました。
    あれこれ追われるこの時期、ならなナビのこのコーナーを拝見して、季節を感じふっと肩の力が抜けて心がにっこり…。渾身の映像と音楽、心は自由に動き出す。こんなコーナー他では無いですね〜

  • Y

    2022年03月29日 08時01分

    春の色に人の心がやさしくなる…。本当にそうですね。陽射しが明るさを増し、吉野の山が花々で色づき始めるとそんな穏やかな気持ちになるのも頷けます。映像詩を見て、日々の雑事に奔走しながら自分の心がいかに自然の姿に影響を受けているのかよくわかりました笑。
    保山さん、ミネさん、NHKスタッフの皆さん今週もありがとうございました。
    保山さんの見せてくれる映像詩は花鳥風月にとらわれずに描かれており、人の気持ちが自然に寄り添い愛おしむことの大切さを教えてくれます。
    一人でも多くの方にこの日本人の繊細な感性に目覚めてほしいと願いますので、どうか番組を継続くださいますようご検討よろしくお願いいたします。

  • REIKO

    2022年03月29日 09時12分

     吉野にも早咲きの桜が咲き始めましたね。遠くから見る山の色が格別の美しさ。早春の色合い、山茱萸や梅や桜、椿などがまだ少し冷たい春の風の中で微かにゆれ、川の瀬音も今年の春の歓びをうたっているようです。
     世界のニュースがトゲトゲして信じられないことになっていますが川上さんと保山さんの「やまとの季節」は平和への祈りそのままだと思いました。今日こそは戦いが終わって欲しい…みんなの祈りも一緒に届きますように。

  • Hitomi.T

    2022年03月29日 10時49分

    「人みなやさし 春の色」
    川上ミネさんの音楽が何とも和やかに映像を優しく包みこんでいます。幸せや悦びが静かにこみ上げて溢れてくるような、そんな期待や予感まで感じてしまいます。澄んだ青空に映えるケイオウザクラのピンクとサンシュユの黄色が、春風に揺れてかわいく美しい。春が来た…、川の音もなんだか楽しげです。西吉野町の桃源郷ですね。調べました。いつもより30秒短くても、保山さんの気持ちがたとえ乗らなくても、さすがプロ、視聴者には負のイメージは伝わらず、いつもの「保山耕一ここにあり」の存在感いっぱいの映像詩です。保山さんの映像を知ってから、映像をみるポイントがかなり変わりました。知らない植物や鳥を調べたり、どこからどう撮影されているのかと地図で調べたり、便利なスマホが手放せません。お陰様でふと見た映像でも保山さんの作と分かるまでになり自分でも驚いています。いつも素晴らしいたくさんの感動をありがとうございます。知らない場所、知らないことを教えていただき、これからもずっとずっと見続けていたいです。是非とも総集編をお願いいたします。

  • たがねにゃん太郎

    2022年03月29日 12時48分

    川上ミネさんの美しいピアノの音色と共に春の穏やかな晴れ渡った空。桜が咲き風に揺れなんと美しい。 山がピンクや黄色に彩られ見ているだけで心が弾み清々しい空気まで感じられました。保山さんありがとうございました。  一週間の内のわずか2分間の映像ながら、今まで多くの視聴者の方々の心に多くのものを届けて来たと思います。保山さんの映像から初めて知る事も多く学びも有りました。まさかまさか今月でこのコーナーが終了とは今でも信じられませんし、どうして?としか思えません。NHK全体が対象視聴者を若年層に重点を置くという考えから影響しての判断かもしれませんが、非常に残念です。こんなに奈良の自然の魅力を発信しているコーナーで、他では見られないような美しく心に響く映像なのに本当に終了してしまっていいんでしょうか。 あと一回の放送で終了とは残念としか言葉が有りません。

  • はる

    2022年03月29日 13時10分

    川の流れ豊か 椿一輪 まだ冷たいはずなのに温かそう
    萌黄色 と思ったら花、何という木でしょうか
    桜は山桜でしょうか 紅色は紅梅でしょうか
    常緑は吉野杉でしょうか
    青空には白い雲 風に吹かれ 春本番ですね
    ありがとうごさいます
    来春は見に行けることを願います

  • 松元智恵子

    2022年03月29日 13時28分

    『人みなやさし 春の色』春のイメージは、柔らかく暖かく優しい。幸せな気持ちになる。ピンク、黄色、緑、水色、白・・・川の煌めき。白い雲が笑ってるように浮かんでいる。同じ空の下の生きるもの全てに幸せが訪れますように。誰もが誰かを思い、穏やかに暮らせますように。保山さんの映像詩とミネさんのピアノが幸せを運んでくれました。ありがとうございます。

  • 葛井康子

    2022年03月29日 15時55分

    水面に浮く一輪の花、水面に輝く光り。その優しい光りに照された日本の春。ピンク、黄色、緑、空色、白、、、そんな言葉では現せない春の色。和かな自然、光り、影が一つになり、大和の春を告げている。保山さんの目を通すと、自然はこをんなにも素直な顔を見せてくれるのですね。保山さんに向かってこの嬉しい気持ちを映像に撮ってと言っているようです。
    まだまだこれからもずっと見てみたい。ありがとうございました。来週も楽しみにしています。

  • 阪中 有紀

    2022年03月30日 05時31分

    映像が始まった瞬間に「あ、保山さんだ」とわかります。吸い寄せられるようにテレビに引き寄せられます。思うように外出できないわたしにとってこの時間が唯一、花と、川と自然と向き合える大切な時間となるのです。とても豊かな気持ちになります。時に泣きたくなるほど心を奪われます。
    この楽しみを奪わないでください。これからも引き続きみせてください。どうかどうかよろしくお願い致します。

  • kaori

    2022年04月01日 10時55分

    心が穏やかになる映像です。
    コロナ、戦争、こんな今だからこそ こういう時間は大切な存在ですね。