やまとの季節

2021年06月02日 (水)

やまとの季節 七十二候「三輪の麓は麦の秋」

「ならナビ」6月2日放送予定 

映像作家・保山耕一さんが、NHK奈良放送局「ならナビ」に、「やまとの季節 七十二候」をテーマとした極上の映像詩を届けてくれています。音楽は、スペインで活躍するピアニスト・川上ミネさんが、奈良で100年近くの時を刻んできたピアノで、オリジナル楽曲を奏でています。

 

やまとの季節七十二候「三輪の麓は麦の秋」 小満


保山耕一

世界遺産などの撮影で活躍してきたフリーTVカメラマン。「奈良には365の季節がある」をテーマに奈良県各地で日々、奈良の空や光、花、月、寺、などを撮影し、SNS発表・上映会を続けている。

川上ミネ

スペインと京都を拠点に活動しているピアニスト・作曲家。「ラジオ深夜便・ピアノが奏でる七十二候」、Eテレ「やまと尼寺精進日記」などの音楽を手がけている。春日大社奉納演奏会を機に保山氏と出会い、「こころの時代」でコラボレーション。2019年秋から、「やまとの季節 七十二候」の新たな作曲・演奏をスタート。

奈良女子大学・100年ピアノ

創立110年を経た奈良女子大学記念館(重要文化財)の2階・講堂で静かな時を刻み続けいる「百年ピアノ」。大学の前身である奈良女子高等師範学校の創立当時(明治42(1909)年授業開始)に購入され、戦後永らく倉庫に眠っていたもので、平成15(2003)年に学内で再発見されました。平成17年11月に無事修復を終えたピアノは、かつて置かれていた講堂に戻され、ふたたび美しい音色を奏でるようになりました。




七十二候 について

七十二候(しちじゅうにこう)は、古代の中国で生まれました。立春、夏至、秋分…などで知られる二十四節気(にじゅうしせっき)を、さらに約5日ずつの3つに分けて、季節の移り変わりを感じる名前がつけられています。日本では、江戸時代の「本朝七十二候」、明治時代の「略本歴」など、いくつかの異なる七十二候が作られてきました。

「やまとの季節 七十二候」では、保山さんが記録してきた奈良県各地の映像から、いまの「やまと」の暮らしの中で、季節のうつろいを実感できる映像を選び出し、オリジナルの名前を添えて紹介しています。奈良を愛する方々に…これから奈良に出会うであろうすべての方々に…こころを込めてお届けしています。 


【お知らせ】みなさまから心のこもったコメント投稿を数多くいただき、誠にありがとうございます。担当者一同、こころの励みとさせていただいております。関西ブログの投稿管理は、新しい記事の準備~公開作業とあわせて行っております。原則的には「新記事公開日に、前週投稿いただいたコメントをまとめて公開する」という運用です。その週のうちに公開できることもあるのですが、普段はお待たせしてしまうことが多いかと思います。どうかご理解のうえ、新しい記事公開とあわせてお楽しみいただければ幸いです。今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

yamato72.jpg

■ コメント(64)
  • 堀尾岳行

    2021年06月02日 13時18分

    夜明け空の麦畑に雪加(セッカ)と雲雀の声溢れ、朝のご挨拶。
    青葉の山並みに麦の色、稔りの季節を迎えて美しい。
    麦の穂に登る七星天道も忙しく、
    水の入れられた田には青鷺、水礼(ケリ)の姿も。
    水鏡に映る三輪山は緑豊かな水の源、
    麓は恵みを受け、麦畑と水田の豊かな土地。
    水田に映る夕日が奈良盆地の広い空を表して素晴らしい。
    川上ミネさん奏でるピアノが豊かな稔りを表現しているよう。
    保山さん、生き物が溢れる奈良の里風景をありがとうございます。
    NHKさんへ、是非この感動を全国の方々へお届け下さいますよう、
    宜しくお願い致します。

  • たがねにゃん太郎

    2021年06月02日 14時42分

    朝焼けの空の色があんなに美しいなんて。何色と呼べばいいんでしょうか?神様からのご褒美ですね。 ピアノの優しい音色。ドローンで映された広大な麦畑の映像に無意識に深呼吸しそうになりました。可愛いてんとう虫が飛んで行き幸せな気分。 自然と保山さんに感謝感謝です。

  • サカタアキコ

    2021年06月02日 19時23分

    麦が主役? 朝焼けに静かな麦畑 突然水面に 生きてるみたい! 麦と水 ビックリしました ドライフラワーのアイテムとしてよく使っている麦 こんなに広い畑でのびのびと 育てられているんですね 保山さんの目 レンズはなんて優しいのでしょう! てんとう虫も たでの花の蝶も楽しそうー➖  三輪山を うつし鏡に 2山も!  なだらかでゆったりと 里田を見守ってくれている様! とっても美しい! 夕陽までも❗ 今週も幸せな 2分間 大切な時を ありがとうございました! 感謝です

  • Ikuかねぼん

    2021年06月02日 19時57分

    言葉を失う、保山さんの映像。日本人でいることを心から嬉しく思える映像。毎日私たちのいのちをいただいている麦の穂の優しいゆらぎ。空、太陽、光、自然、植物、鳥、山、そしてわたしたち。

    保山さんの映像から、生きている/生かされていることに、つくづくありがたさを感じます。保山さんの映像を観ると、嫌なこと自体が遠くへ行ってしまいます。コロナってなんだったっけ?みたいな(笑)(^▽^;)

    全く何も考えられなく、ただ感謝や愛がそこにある。なんか瞑想みたい(笑)(^_-)-☆

    いつもいのちのありがたさを実感させてくれて、ありがとうございます(^人^)

    PS. うまい言葉、見つからない~(^3^;

  • さと

    2021年06月02日 20時29分

    やまとの季節 七十二候「三輪の麓は麦の秋」
    拝見いたしました。
    夕日と麦の穂とのコントラストが美しい、
    ダイナミックな空撮と繊細な近影とのバランスもとても素晴らしい。
    ピアノの演奏も
    美しい映像をより際立てていて、引き込まれます。
    これからも楽しみにしております。

  • えびっち

    2021年06月02日 20時46分

    空の色、揺れる麦の穂。
    虫たちと鳥の声。
    水の煌めき。
    それらを包み込むピアノの音色。
    世界は彩りに満ちていますね。

  • 安藤憲一郎

    2021年06月02日 20時52分

    麦秋の候、ほとんど忘れかけていた言葉です。一面の麦畑が黄金色に実る頃、稲作に向けた作業も始まり生き物が活発になる。そんな当たり前の日常風景が古より綿々と受け継がれてきている奈良の美しさは格別です。映像だけが美しいのではなく、そこにある人の営みの美しさを教えていただきました。
放送に関わった全ての皆様、今日もありがとうございました

  • にこまる

    2021年06月02日 20時57分

    今日も素敵な映像をありがとうございます。仕事の疲れを癒やしてくれ、新たな発見や気付きもあります。ありがとうございます。

  • 2021年06月02日 21時27分

    『三輪の麓は麦の秋』
    澄み渡った青空が広がる朝、コンバインで麦畑の刈り取り。麦の実が熟し たわわに稔って。
    ヒバリが陽気にさえずりながら空高く舞い上がり、セッカの声も聞こえる。テントウムシが動き回り蝶も寄って来て、のどかで短い麦秋です。
    そして梅雨前には田植えを終えるのです。
    忙しい一日も、鮮やかな日没の安らぎは心に沁みることでしょう。
    保山さんミネさん今週もありがとうございました。
    特別版やまとの季節七十二候の全国放送をお考えくださいますよう、よろしくお願いいたします。

  • 古坂禄子

    2021年06月02日 21時54分

    慌ただしく夕食の用意をしながら、大和の季節七十二候の静かな曲が流れると、束の間、映像と共に癒されます。本日の麦畑の映像は、てんとう虫が羽ばたく場面が、目の前に感じられるようで、印象にとても残っております。今後も楽しみにしております。

  • 鈴木文子

    2021年06月02日 22時02分

    七十二候では 麦秋至 (むぎのときいたる)との事で 梅雨の前の ほんのわずかな期間、と お勉強いたしました(^^) 畑の青い麦が風に色を変えそよぐ様を 不思議な気持ちで見ていた 幼少の頃を思い出しました。
    黄金色の麦畑は なんとも香ばしそうですね!
    雲雀が 収穫のお祝いをしているようです!
    三輪ですから おそうめんになるのかな? 三輪の おそうめんは ほんとに美味しいですよね!
    夕陽がますます 麦を染めていくようですね!
    映像も ピアノも ほんとうに素敵です! ありがとうございました。 そして ぜひ、全国放送で見れますように お願いいたします。

  • 中山真澄

    2021年06月02日 22時06分

    もう、何十年も前に山の辺の道を歩いたことがあります。その折、山そのものがご神体の三輪山を見て、その神秘的なたたずまいにうたれたことを思い出しました。あの時と変わりなく、いえ、いにしえの頃より三輪山はずっとそこにあり、人々を見守ってくださっていたのだと感じさせられました。
    「大和は国のまほろば・・・」その奈良の四季を心に響く美しい映像でみせて
    くださる保山さんのお作品に感動し、放映してくださるNHKさんに感謝申し上げます。是非これからもよろしくお願いいたします。

  • 物部 昌彦

    2021年06月02日 22時18分

    黄金色に輝く麦の穂を見ていると、農家の方の労苦と太陽や水の恵みに対する感謝の気持ちが湧いてきます。
    ご神体である三輪山麓の長閑な風景の中に、保山さんの温かな視線と川上ミネさんのピアノによって、自然と調和して生きてきた人々の営みが美しく描かれていると感じました。
    毎度のことですが、この2分の映像を作成するために、全身全霊で、長い時間をかけて撮影している保山さんにお礼を申し上げたいです。有難うございます。

  • 青井三保子

    2021年06月02日 22時21分

    三輪山の麓に麦畑!
    豊かに実った麦にてんとう虫や蝶が遊びに来る。
    雄大な麦畑に、小さな小さな生き物の営みを見つけ、撮って見せてくださる。細やかな心が嬉しいです。
    夕方6時半、間に合うようにと帰宅を急ぐ。それでも間に合わない時は、関西ブログで見せて頂ける。
    心安まり、楽しみなひと時、ありがとうございます。
    来週は大きな画面で見れますように!

  • マサコ

    2021年06月02日 22時25分

    保山さんの映像には、朝昼晩、春夏秋冬、人生といったものを感じさせる「物語性」があり、自然の中で生きている我々人間にも、それぞれの物語があるということを気づかせてくれます。素晴らしい作品です。

  • 片山和美

    2021年06月02日 22時30分

    何時もながらの心暖まる映像ありがとうございます
    2分と短い中にも気持ちを落ち着かせるだけの力を何時も頂いています
    そして今から次週が待ち遠しいです

  • 造田 登基子

    2021年06月02日 22時36分

    三輪山は草木の1本にも、神が宿ると聞いた事があります。そんな三輪山から吹き下ろす風に揺れる麦。夕日。保山さんの映像を見ていると言葉にならない感動が込み上げて来ます。いにしえの人達も、同じ夕日を見たのでしょうか。50年後、100年後にも同じ夕日が、見られるのでしょうか。いろんな思いが駆け巡った2分でした。いつもありがとうございます。

  • 醍醐未希子

    2021年06月02日 22時42分

    毎回楽しみです。

  • ひよこ饅頭

    2021年06月02日 22時46分

    生まれてこの方ずっと奈良県民ですが、三輪山の麓にあんなに豊かな麦畑が広がっているなんて知りませんでした。
    「やまとの季節七十二候」のコーナーで、毎回新たなやまとの魅力を教えて頂いています。

  • オチビ

    2021年06月02日 22時59分

    麦秋の美しさ、水張り田、けり、こさぎ、、、、、、
    見に行きたくてもいけない今の私にとって
    保山さんの映像は心を浄化してくれます。
    いつもありがとうございます
    これからもずっとずっと続けてほしいです。
    体調心配ですが応援しています。

  • 蓮葉

    2021年06月02日 23時31分

    朝焼けの麦穂たち。
    目覚めるかのように水面に揺らいだら、小麦畑の一日が始まります。
    穂先が巨大に見えたと思ったら、いままさに飛び立とうとするテントウムシくんの目線でした(ちょっと体が重そうだったけど、大丈夫かな)
    アオサギ、ケリ、モンシロチョウ、主なくきらめく蜘蛛の糸・・・生き物たちを抱く小麦畑の一日が暮れ、田地へと陽が傾き、すべてが影に覆われるころ・・・サプライズの訪問者に麦穂たちはざわめいたのでしょうか。
    三輪山の緑、小麦畑の茶、穏やかな色の家々を背景に、虫の赤、鳥の黄、花のピンクが映え、空の色が鮮やかに移ろいます。
    保山さんが大事にされている自然そのままの色彩が心に染み渡りました。
    ミネさんの、光のような、水のようなピアノの音色には、晩秋から半年の月日をかけて小麦たちが人と自然にどれほど大切に育てられたのか、思いを馳せました。
    NHK奈良放送局さま、関西ブログさま、制作スタッフのみなさま、「やまとの季節 七十二候」の放送と動画配信をありがとうございます。
    毎週水曜日をほんとうに楽しみに、心待ちにしています。
    2分で人の心を惹きつけ、清らかな優しさで包み、奈良と日本の心を伝えるこの番組をどうか長く長く続けてください。
    できることなら放送圏外在住者のために全国放送にしていただけたら、もっと嬉しいです。
    どうぞよろしくお願い申し上げます。

  • 本間悦子

    2021年06月02日 23時52分

    東京は空も無く、毎日のコロナ報道で脳が疲れきっています。このような気持ちの落ち着く映像と音。ほんの少しの間でも脳を休める、癒してくれるこの番組を全国に広げていただきたいです。携帯ではなく、家のテレビで癒されたいです!
    ご検討お願いいたします!

  • 南岳

    2021年06月03日 00時03分

    先日三輪を通った。そこでこんな美しい風景が繰り広げられていたとは! 偶然にも美しい風景に出会った時、調べると保山さんが撮ってくださっている。光、水、小さな生命、流れるとき・・・これらが自然体で表現されている映像が保山さんのものだ。

  • 戸田 克子

    2021年06月03日 00時10分

    いつも楽しみに拝見しております。
    辛いとき、心を落ち着けたいとき、なんだか理由もなく寂しくなるとき、筆を執る前など、折に触れて繰り返し画面に映しております。
    音楽もとても素敵です。
    最近、作風が変わってきたように思います。
    日曜美術館か他の番組でも取り上げていただけないでしょうか?

  • みけこ

    2021年06月03日 00時54分

    移ろいゆく光の中で表情を変えていく麦の穂が美しいです。保山さんの視点で見る世界はこんなにも美しいのですね。何度でも繰り返し見たくなる映像です。

  • 浩美

    2021年06月03日 03時03分

    うわ!よく通る道が!!あの辺の、朝と夕方の景色ってあんなに美しかったのね?と、思わずテンションが上がりました!☺️
    普通奈良を映像にされる方は、奈良の有名な神社仏閣をメインに撮影される方が大半だと思うのですが、保山さんの視点は、地元の人しか知らない場所や花や畑などにも向けられていて、しかもそれを、凄く素敵に映像化して下さるところが、県民として誇りに思います。来週も保山さんの映像楽しみにしています

  • 安藤憲一郎

    2021年06月03日 08時39分

    麦秋の候、ほとんど忘れかけていた言葉です。一面の麦畑が黄金色に実る頃、稲作に向けた作業も始まり生き物が活発になる。そんな当たり前の日常風景が古より綿々と受け継がれてきている奈良の美しさは格別です。映像だけが美しいのではなく、そこにある人の営みの美しさを教えていただきました。
放送に関わった全ての皆様、今日もありがとうございました

  • 福居敦子

    2021年06月03日 08時45分

    三輪山を背景に麦の穂が実っている景色は初めて見ました。昔から続いているこの時期の景色なんでしょうが、とても有難い気持ちになりました。
    夕陽が沈む時の輝きは素晴らしいですね、感動しました。
    どんなにこの景色を撮るのに保山さんは大変な思いをされたかと考えます。
    私はいつもこの時間は、TVの前に正座して見ていますが、わずか2分間見ると、背筋が伸びて気持ちがシーンとします。保山さんの思いが伝わるからでしょうか?
    ずっと楽しみにしています。さて次回は?
    保山さん、お身体を大切になさってください。

  • nagu

    2021年06月03日 14時02分

    いのちの美しさ、儚さを感じます。
    ピアノの音色もあいまってとても優しい気持ちになりました。これからも観にきます。

  • 神田雪子

    2021年06月03日 19時05分

    麦秋の三輪山麓の讃歌ですね。美しい…。
    収穫を迎えた麦畑は深く色づき、夕陽に染まると更に深みを増してえもいえぬ色合いに…。夕陽と麦が語り合っているかのようです。鳥が囀り餌を求め、蝶やてんとう虫が舞う、豊かに静かに繰り広げられる人と自然の営み…。多くの努力に裏打ちされた古からの景色は力強いです。
    保山さん、川上ミネさん、今週も素晴らしい映画詩をありがとうございました。日本に生まれてきて、良かったとつくづく思いました!
    NHKさん、日本の宝とも言えるこの映像詩を、ぜひとも全国放送して下さい。よろしくお願いします。

  • 木村有紀子

    2021年06月03日 19時32分

    はじめてコメントさせていただきます。
    保山さんの映像に母と共に癒されてきました。
    関東に住んでおりますが、保山さんを知ることができて本当によかったと思っております。
    数分、数秒も立ち止まれない昨今、今、私、に立ち止まらせてくれる。
    一生の中で、一回出会えるか出会えないかの瞬間を、見せてくれる。
    いつも涙が出ます。
    今回の麦も素敵でした。思っていたよりも荒々しく、力強い麦。
    さわると痛そうな麦。知っているようで知らない姿でした。

  • 葛井康子

    2021年06月03日 20時55分

     緑多い初夏の大和。その中で一際麦秋の頃の金色の穗が輝く。風が吹くと穗の輝きは、畑からあふれ出る。豊かな実りの三輪の麓。小鳥の鳴き声、アオサギや蝶々、てんとう虫。神々に守られて、いつまでもこの風景が続く様に願っています。
    保山さんの映像を見ていると、ただ美しいだけではなく、自然への畏敬、祈りが感じられます。見ているこちらも襟をただして、生きることを真剣に考えてしまいます。
    今週もありがとうございました。全国放送、よろしくお願いいたします。 

  • 木下ようこ

    2021年06月03日 21時02分

    美しい空の色、麦のシルエット、物語が始まりそうな感じがしました。今日は沢山の小さな生き物が登場で楽しくなりました。麦畑に小さな生き物たち、賑やかな鳥の声、農作業のおと、水のせせらぎ……そんな映像にピッタリのミネさんのピアノ音色……幸せなひとときでした。
    今日も有り難うございました。

  • K.H

    2021年06月03日 22時24分

    三輪山のふもとの麦秋 とてもきれいですね。この小麦からそうめんが作れれるのでしょうか?長い時間をかけて撮影され、いろいろご苦労もおありかと思いますが、一瞬一瞬に心をこめていらっしゃるのが伝わります。
    毎週、このコーナーは見逃せません。とても心が穏やかになります。
    保山さんの映像と川上ミネさんのピアノ、とてもすてきな時間をいただいています。ありがとうございます。

  • 中山真澄

    2021年06月04日 10時36分

    保山耕一さんの美しい映像を堪能させていただきました。
    そして、古都奈良の奥深さを再発見しています。
    関東に住む者にとって、もう、ずっと以前に訪れたことを懐かしく思い出す
    だけですが、奈良は、心のふるさと、の思いを強くし、保山耕一さんの映像
    は、それを強く印象づけてくれます。
    お願いがございます。その、心に沁み沁みいり、胸に響く美しい保山さんの
    映像を全国放送してして頂けないでしょうか。
    救われ癒される人々が、私もそうですがたくさんいると思うのです。
    勝手なことを申し上げましたが、どうぞよろしくお願いいたします。

  • 葛井義憲

    2021年06月04日 14時02分

    奈良の長い歴史の中心の位置に佇む三輪の風景をバックに、空、鳥、虫、田畑の「息吹」を捉える今回の映像。
    そこに、収穫前の麦を添えられた。秋に植え、初夏に刈り入れを待っ麦。
    「麦の秋」が初夏の季語となるのも、映像を通して「なるほど」と納得させられた。
    いつも、いつも、素晴らしい映像。感謝です。

  • 坂井節子

    2021年06月04日 20時35分

    刷毛で一塗りしたような薄紫色の空から刻々と赤みを増す夜明け。
    三輪山の麓の麦畑は収穫の時を迎えているのですね。ドローンはまるで
    コンバインのよう。麦の芒に触れんばかりに進むと 黄金色の膨らみある
    麦の穂がつややかな実りを見せていますね。ミネさんのどこか懐かしい調
    べが心地よく耳に残ります。
    この一帯の麦畑が1200年にも及ぶ歴史がある事を今回知り 謎解き
    ゲームのように奈良の名産とも繋がっていきました。
    神様のご神体である三輪山に見守られ綿々と続く人の営みがさらに長い年月、続いていきますように。

  • 井元路子

    2021年06月04日 20時57分

    麦の刈り取りの季節だったのですね。夕日に、きらめく麦。素晴らしかったです。そして、麦畑を訪れる生き物。日々人間だけで生きているんではないんですね。いつも、保山耕一さんの映像で教えられます。人間は自然の一部だと。

  • 鳳仙花

    2021年06月04日 23時00分

    小麦がきらきらと光ってとても美しいですね。
    豊かな実りが嬉しくなります。
    広い小麦畑があるんだなあと思ったら三輪そうめんですものね。
    美味しいですよね。とても細くて。でもしばらく食べていません・・・
    神様の啓示で小麦を作り始めたとありました。1200年以上前より今日までこうしてこの美しい風景が毎年変わらず訪れるのですね。
    30年以上前になりますが大神神社に参詣したことがあります。
    広い広い神社で有名な湧き水があった記憶があります。
    懐かしくなりました。
    素敵な映像詩をありがとうございました。

  • 福澤瑠美

    2021年06月05日 00時35分

    始まりの朝焼けでしょうか、青、ピンク、紫とさまざまな色が織りなす空の色がとても神秘的で見惚れてしまいます…
    奈良に広大な麦畑があることを初めて知ったのですが、麦畑の一見秋を思わせる茶色をこの季節に見ることができるのを今回の映像のおかげで知ることができました。
    豊かな土と水、そしてこの季節の陽光のおかげで奈良の麦はふくよかに育つのですね。なんだか自然の恵みが見れた気がしてほっこりしました。今回も素敵な時間をありがとうございます!次の映像が今から楽しみです♪

  • 工藤美千代

    2021年06月05日 01時22分

    鳥の声?虫の音?三輪山の懐に抱かれて生きとし生けるものが時を過ごしていることに感動します。麦の穂がこんなに美しく輝いているとは。川上さんのピアノが慈しむようにやさしく寄り添って、何度も何度も見返しました。今週もありがとうございました。水曜日を待ちかねています。

  • 泥中の蓮

    2021年06月05日 06時51分

     神のお山の懐みに抱かれて実る五穀豊穣。
    なんと平和な風景であろうか。今回も、ふっと 何かを思い返す 映像と音楽をいただきました。

  • 平井亜矢子

    2021年06月05日 15時46分

    鳥達の可愛らしい囀り、何層もの美しい色のハーモニーを奏でる空、豊かに実った麦の穂、なんて素敵で心安らぐ風景でしょう。心が満たされました。ありがとうございます。

  • いにしえの

    2021年06月05日 16時54分

    麦に力強いイメージがあるのは、真っ直ぐに伸びる茎と穂の先に広がる1本1本の芒というところの姿なのだと気付かされました。
    風が吹けばたおやかに揺れてやり過ごす様子は、しなやかな強さ。
    自分は麦のようにまっすぐな生き方はできていないけれど、折れないしなやかさぐらいはもっていたいと思いました。
    いつも映像と音楽にエールをもらいます。

  • 高橋尚子

    2021年06月05日 18時54分

    三輪山に見守られているこの地の自然はどことなくおっとりとした佇まい。いつも崇敬の想いで日々暮らすのは何と豊かな事だろうか。風に揺れる麦は黄金色に輝き、命を謳歌している。
    今週BSプレミアムで「甦る天平の色」紫、茜、紅、藍を見た。失われた技法や天然素材を復元する過程をたどる内容である。古人はやまとの朝焼け、夕焼けの色を眺め、神様や仏様に美しい色を献げたいと思ったのだろう。保山さんの撮る色の数々を見てこんな事を感じた。

  • 取田智子

    2021年06月05日 19時20分

    映像やピアノの美しさはもちろん、生き生きとした自然の「声」が印象的でした。カメラマンの保山さんが真剣に耳を傾けていらっしゃるようすが伝わってかました。

  • 井村秀雄

    2021年06月05日 20時18分

    「いまの『やまとの暮らし』」は、古からのやまとの暮らしに違いない。番組の僅かな時間が物語っていますね。慈しむ心を。

  • 取田悠希

    2021年06月05日 23時02分

    お米が育つ準備をするころ、麦は刈り入れの秋をむかえるんですね。 自分の知らないところで、こんな自然の営みがあることを、初めて知りました。

  • 三好直子

    2021年06月05日 23時38分

    「やまとの季節七十二候」は、都会の暮らしではなかなか見られなかったり、気づかなかったりする繊細な季節の移ろいを教えてくれます。
    麦秋が初夏。こんなにも豊かに辺り一面麦が実った映像を見ると「麦秋」に納得します。色も秋色。
    様々な鳥たち、昆虫、夕焼け・・・のどかで優しい風景をありがとうございます。

  • 釘谷洋子

    2021年06月06日 01時17分

    収穫期を迎えた麦畑、長閑な幸せな風景ですね 三輪山に守られて、人や鳥や植物の生活がそこにある 共に生きている この麦は素麺になると聞きました 収穫が終われば次はヒノヒカリですね 
    朝焼けの中寄り添う麦のシルエット、そして夕陽を浴びて輝く麦の穂の色素晴らしかったです
    テレビの画面で拝見したく、全国放送をお願い致します。今週もありがとうございました

  • 草若葉

    2021年06月06日 14時29分

    先週の、寄せられた多くのコメントに溢れる一人ひとりの熱い思いが、山の木霊が反響しているかのように響いてきて、身体が震えるような感動を覚えました。たとえ一人の願いは小さくとも「やまとの季節 七十ニ侯」の番組を愛する多くの方たちの願いが集まれば、こんなにも大きな力となり、希望の光となるのですね。
    NHK様、「やまとの季節 七十ニ侯」(ブログも)の継続と全国放送をどうかよろしくお願い申し上げます。
    この希望の光が途切れることなくずっと続いてゆきますように…
    そして保山さんの創作活への力強い後押しになりますように…と祈ります。
    今週の映像詩は、ミネさんの優しいメロディのようにどこまでも優しく穏やかで、保山さんの佇まいのように清かでした。
    それはまるで、自然の中に宿る神さまからのメッセージのようにも感じられ、自然と離れてはいけない!自然を友として生きれば心の平和と安らぎが得られる…と自然が語りかけてくれているような思いで、保山さんの映像に魅入ってしまいました。
    しみじみと自然の豊かさを感じながら、しみじみとした感動に浸りました。今週も特別なひと時をありがとうございました。

  • 滝平美智代

    2021年06月06日 16時12分

    朝焼けの美しさに浸っている間もなく、目の前は刈り入れが始まった広大な麦畑の世界。どこまでも続く黄金色の麦畑が、ぐんぐん近づいてくる光景は圧巻です。
    風に揺らめいて輝いている麦の穂、その先から誇らしげに羽を広げ飛び立つてんとう虫、ひらひらと楽しそうに舞うちょうちょ、畦では、シラサギや羽ばたくカモメでしょうか?、それぞれの「いま撮って!」の一瞬ですね。
    美しい夕焼けに染まる池の水辺、カエルの鳴き声、虫や鳥たちのさえずり、そしてそれらが奏でるハーモニーが心地よく微笑ましい。
    ピアノの美しい音色の響きのなか、この時期ならではの三輪の麓の美しい映像。自然をこんなに楽しめたこと、ほんとうに幸せです。
    感動のひとときをありがとうございました。
    こんな素晴らしい映像、全国放送にして頂ければ嬉しいです。
    NHKさま、どうぞよろしくお願いいたします。

  • 佐々木美保子

    2021年06月06日 17時06分

    三輪山の麓に広がる豊かに実った麦畑の一日、朝焼けの空と夕焼けの空の美しさにただただ感激。自然の芸術、その風景を見ているだけでも心が洗われ、明日への希望が出てきます。
    三輪山に見守られように実った麦が風に吹かれ、てんとう虫や蝶、サギなどの生き物が悠々と活動している、雲雀の可愛らしい鳴き声にも心がなごみます。
    川上ミネさんのゆったりとした澄んだビアノの音色を聞きながら、保山さんの映される奈良の自然の風景を見ていると穏やかな優しい気持ちになります。心が刺激され、色々な感情が湧き出して、満ち足りた気持ちになります。
    いつも素晴らしい映像をありがとうございます。どうぞ、心の栄養剤、この美しい番組をいつまでも続けてください。よろしくお願い申し上げます。

  • なでしこ

    2021年06月06日 19時44分

    保山耕一様、またこの番組製作に関わるNHKスタッフの皆様、素晴らしい映像を届けてくださり本当にありがとうございます。木々、草、花、また蛙やてんとう虫などの小さな生き物や、鹿のような大きな生き物など、それぞれ魂の容器は違っていても、地球上に生きる生き物すべての命のコアはすべて繋がっている、保山様の映像を拝見していると、ひとつひとつの命はすべて地球上に住む同じ共同体なのだという普段の生活では思いもしないような事をふっと、感じたりします。
    保山様の映像を拝見するまでは、小さなコバエを殺生してもなんとも思わなかったのですが、やむを得ず殺生しなければならない時は、その小さな命に対して合掌する心が芽生えてきています…
    保山様の映像には人に元気や癒しを与えるのは言うまでもなく、本来備わっている人としての慈悲心でさえも、掘り起こしてくれる、まるで尊きお経のような、計り知れないほどの秘めた力があるように思います。
    本当にいつもありがとうございます。

  • 野尻恭子

    2021年06月06日 23時24分

    「三輪の麓は 麦の秋」
    麦の収穫と聞くと実りの秋かな?と思っていましたが、梅雨入り前のこの時期なのですね。今年は既に梅雨入りしているので収穫のタイミングも難しいのかも知れませんね。
    ヒバリの声や田んぼの大きな水鏡から、三輪山の麓の麦の収穫は初夏なのだと分かります。
    それにしても、なんて美しい空の色でしょうか❗昼の青空、そして夕暮れの紫のようなグラデーション❕自然の中に生きる鳥や虫や雲や夕暮れ、それぞれがみんな水鏡の中に映し出されてどちらが本当の世界なのか分からなくなる美しさに浸りました。
    毎週楽しみにしています。
    またひとつ、やまとの美しさをありがとうございました。

  • 松元 智惠子

    2021年06月07日 14時39分

    朝焼け空、鳥達の囀ずり。麦の穂が水面で揺れる。
    神の山、三輪山の緑と一面に広がる黄金色の麦畑。豊かな実り。てんとう虫や紋白蝶。水田に映る三輪山の美しさ。清い川の流れ。夕焼けに染まる空の色。麦の穂のシルエット。詩的な風景。保山さんの映像詩とミネさんのピアノの音と鳥達の囀ずり。一日を2分でぎゅっと濃縮した映像詩。今回も美しい奈良を届けて下さりありがとうございます♥️保山さんの命の輝きです。感謝いたします。NHK様、10月以降も是非とも継続して拝見したいです。宜しくお願いします。

  • 荒木礼子

    2021年06月07日 18時37分

      三輪山の麓に拡がる麦畑。みのりの季節を迎えて夕闇をバックに麦の穂のくっきりとしたシルエットがなんとも言えず美しい‥
     麦の穂は西洋では豊穣の象徴。日本人にとって稲穂がそうであるようにパンが主食の彼らにとっては神の恵みそのものですが、おそうめんの名産地である三輪の人々にとってもやはりそうなのではないでしょうか。今年も三輪の地に豊かな恵みがあったことが保山さんの七十二侯の中に加わって嬉しい気持ちです。三輪山の存在感と周辺の自然の豊かさ、人々の暮らしが一つであることがたった二分間にぎゅっとつまっていて、本当に素晴らしい!
     NHKの方へ、この七十二侯全てのやまとらしい季節の映像をどうかテレビで全国に届けてください。そして後々は永久保存していただき、ずっとこれからも変わらず、それぞれの景色が残っていきますように…。

  • Y

    2021年06月08日 06時57分

    身近にはない麦の収穫、新鮮ですね。一つの終わりとともに新しい季節が静かに始まる。命燃ゆる夏がやって来るのですね。奈良では、季節の節目をこんな風に表現出来るのだなぁとその懐の深さと保山さんの表現力をしみじみと噛みしめています。そしてミネさんの音楽はいつも本当に自然と映像に寄り添っている。保山さん、ミネさん、NHKスタッフの皆さん、今週もありがとうございました。是非、全国の皆さんに紹介してもらいたいと願います。

  • Shin

    2021年06月08日 22時38分

    「三輪の麓は麦の秋」

    朝焼け 美しい麦の穂
    鳥たちのさえずり ピアノへバトン

    今日は晴れ 青空
    風に揺れる麦の海原を 鳥になり 飛んでゆく!
    水鏡 水は山の恵み 豊かな農の風景
    揺れる麦の穂 流れる水音 ピアノの音 一体となる

    夕映え
    一日の終わり
    寝ぐらに戻ってきた鳥たち 蛙たちも?
    日とは太陽 そんな当たり前のことを忘れていた
    明日 落穂拾いに集う鳥たちを 想像する
    こころ ほどけゆく ひととき

    関西ブログでずっと観ています
    行ったことはないのに 懐かしいのは なぜ?
    ローカル放映だけでは勿体なさすぎます
    ぜひ全国放送をお願いします

  • にこまる

    2021年06月08日 23時21分

    毎週癒やされてます。医療従事者として勤務後にこの映像を拝見し、奈良に住んでいながら気付かされることがたくさんあります。明日からも頑張る力になります。本当にありがとうございます。

  • 島岡和代

    2021年06月09日 06時49分

    数年前、保山さんの映像でこんなに近くに麦畑が広がっているのを知りました。麦畑の横を何度も通っていても単なる麦畑でしかありませんでしたが、空からの麦畑は黄金色の絨毯。凄いなぁ~。朝日に染まる麦畑。てんとう虫も蝶々もゴイサギたちも楽しんでいる麦畑。夕方の麦畑。麦の穂がキレイ~。水鏡に映る三輪山も美しい~。そして、ミネさんのピアノの調べが麦の豊作を静かに喜びとして語っているよう。大切な奈良の季節の風物詩としてこの景色が失くならないことを祈りつつ。ありがとうございます。

  • しまざきとよ

    2021年06月09日 17時57分

    三輪のお山の麓の神々しい風景。
    ただただ美しく、ため息が出るほどです。

    配信で、毎週必ず楽しみに観ております。
    NHKさま、ぜひテレビの大きい画面で、
    全国放送して下さいませ。

  • 遠藤さよこ

    2021年06月09日 21時35分

    北海道に住んでいます。保山さんの
    映像とビアノ曲に今までに味わった事の無い感覚にいます。魂が洗われるとは、こんな感じかしら、と感じています。
    、始めはインターネットで観ていたのですが、北海道で、毎月、1時間ほどに、タップリとテレビ画面から美しい映像が観られるので嬉しいです。これからも可能なかぎり、テレビでの放送を願っていたす

  • 白砂

    2021年06月13日 22時02分

    稲穂の美しさは知っていましたが、麦の穂も輝いていて美しいですね。
    虫さんや鳥さんの登場は微笑ましく、見ていて楽しい気持ちになります。
    朝日も水に写る三輪山も、保山さんのファインダーを通して見ると芸術作品ですね。
    本当に保山さんの映像とミネさんの音楽にはいつも癒されます。
    NHKのスタッフの皆様、このような素晴らしい動画を発信して下さりありがとうございます。
    これが全国で放映され、たくさんの方に美しい日本の風景を楽しんで欲しいと思いました。全国放映していただけたら嬉しいです。よろしくお願いします。