やまとの季節

2020年01月15日 (水)

やまとの季節 七十二候「雪 どこまでも清く」

「ならナビ」1月15日放送 

映像作家・保山耕一さんが、NHK奈良放送局「ならナビ」に、「やまとの季節 七十二候」をテーマとした極上の映像詩を届けてくれています。音楽は、スペインで活躍するピアニスト・川上ミネさんが、奈良で100年近くの時を刻んできたピアノで、オリジナル楽曲を奏でています。 


やまと七十二候「雪 どこまでも清く」 小寒 


保山耕一

世界遺産などの撮影で活躍してきたフリーTVカメラマン。「奈良には365の季節がある」をテーマに奈良県各地で、日々、奈良の空や光、花、月、社寺、などを撮影し、SNS発表・上映会を続けている。

川上ミネ

スペインと京都を拠点に活動しているピアニスト・作曲家。「ラジオ深夜便・ピアノが奏でる七十二候」、Eテレ「やまと尼寺精進日記」などの音楽を手がけている。昨年、春日大社奉納演奏会を機に保山氏と出会い、「こころの時代」でコラボレーション。2019年秋から「やまとの季節 七十二候」の新たな作曲・演奏をスタート。

奈良女子大学・百年ピアノ

創立110年を経た奈良女子大学記念館(重要文化財)の2階・講堂で静かな時を刻み続けいる「百年ピアノ」。大学の前身である奈良女子高等師範学校の創立当時(明治42(1909)年授業開始)に購入され、戦後永らく倉庫に眠っていたもので、平成15(2003)年に学内で再発見されました。平成17年11月に無事修復を終えたピアノは、かつて置かれていた講堂に戻され、ふたたび美しい音色を奏でるようになりました。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

やまと七十二候

「雪 どこまでも清く」

保山耕一

多武峰(とうのみね)という山の奥へ行くと、突然のように談山神社(たんざんじんじゃ)が現れます。

神社にたどり着くまでの道のりにある山が、私には「結界」のような気がしています。談山神社へ行くということは、俗なるものから聖なるものの空間に入っていくことであるような。いつ行っても、談山神社は清らかで穢れのない場所であることを肌で感じます。

談山神社は春夏秋冬それぞれ美しい風景を見せてくれる場所です。どの季節の表情も好きですが、清らかで穢れがない場のイメージに最も合うのは、やはり雪景色。清浄な場所に清らかな雪が深々(しんしん)と降り、全てを真っ白にしてしまう。この光景が、談山神社のイメージとぴったりなので「七十二候」に選びました。

奈良では、雪がある生活を経験することがほとんどないので、雪景色の撮影はあまりないことですが、寒さで冷えて雪が降るということは、時間が止まることなのだと、今回の撮影ですごく思った。

葉っぱのしずくが凍っていたり、池に沈んだ落ち葉が凍りついていたり。冬になって、ゆっくりゆっくりと時間が流れるようになると、最後には時間が止まって、時間すらも凍りついてしまうのだと、今更ながら感じました。

今回の映像は2年前に撮影したものです。今年はここ10年くらいで一番の暖冬だと思うので、こんな雪景色は見られないかも知れませんね。

 (聞き書き 伊藤享子)


七十二候 について

七十二候(しちじゅうにこう)は、古代の中国で生まれました。立春、夏至、秋分…などで知られる二十四節気(にじゅうしせっき)を、さらに約5日ずつの3つに分けて、季節の移り変わりを感じる名前がつけられています。日本では、江戸時代の「本朝七十二候」、明治時代の「略本歴」など、いくつかの異なる七十二候が作られてきました。

「やまとの季節 七十二候」では、保山さんが記録してきた奈良県各地の映像から、いまの「やまと」の暮らしの中で、季節のうつろいを実感できる映像を選び出し、オリジナルの名前を添えて紹介しています。奈良を愛する方々に…これから奈良に出会うであろうすべての方々に…こころを込めてお届けしています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 


【関連コンテンツ】

ラジオ深夜便【聴き逃し】発掘された千年のオカリナとピアノ 春日大社創建1250年

こころの時代 こころの時代~宗教・人生~ 命の輝きをうつす 

NHK World JAPAN Praying for Flowers, Praying for Life Hometown Stories   

地域特集 花に祈り、命を祈る ~奈良~ 映像作家・保山耕一


【お知らせ】みなさまから心のこもったコメント投稿を数多くいただき、誠にありがとうございます。担当者一同、こころの励みとさせていただいております。関西ブログの投稿管理は、新しい記事の準備~公開作業とあわせて行っております。原則的には「新記事公開日に、前週投稿いただいたコメントをまとめて公開する」という運用です。その週のうちに公開できることもあるのですが、普段はお待たせしてしまうことが多いかと思います。どうかご理解のうえ、新しい記事公開とあわせてお楽しみいただければ幸いです。今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

■ コメント(45)
  • 堀尾岳行

    2020年01月15日 13時52分

    多武峰談山神社に降る雪は周りの色を消しモノクロの世界へ、
    十三重の塔に積もる雪は白く清々しい、氷の中の落ち葉も色を失っている、
    しかし社殿の彩色は雪が積もることでより美しくなる。
    枝先の新芽に積もる雪が来る春を感じさせるのは保山耕一さん感性か。
    川上ミネさんのピアノ演奏は雪が降る如く繊細な調べを奏でています。
    今回も素晴らしい映像詩ありがとうございました、次回が待ち遠しい。
    是非とも関西全域で視聴ができますようお願い致します。

  • 武田和子

    2020年01月15日 16時56分

    珍しい冬の談山神社の風景をありがとうございます。

    しんしんと降る雪の談山神社、氷に閉じ込められた紅葉の赤。
    清らかな白と赤のコントラストの美しさには驚かされます。

    談山神社と言えば紅葉の名所。
    関東圏では「そうだ奈良にいこう!」のCMでも紅葉の談山神社が流れていたので、写真では見た事がある人も多いことでしょう。

    春夏秋冬奈良には素晴らしい季節があると、やまとの季節の番組を拝見するたびに深く感嘆いたします。

    この感動をいつもありがとうございます。
    心より感謝しています。

  • 安藤憲一郎

    2020年01月15日 18時57分

    この番組を毎週楽しみに見ています。と言っても大阪在住なので関西ブログでの視聴です。毎回とても綺麗な映像でしかも日本の原風景が見られるのでうれしい限りです。ぜひ大阪で、いや全国で見られるようにお願いします。雪の談山神社は本当に綺麗ですね。現地で見てみたい思いに駆られます。

  • 井村 秀雄

    2020年01月15日 19時11分

    古の故人の営みを思う。時間が止まってほしいと願う。一瞬、時が止まってたと感じる。時は止まらず、新しい時を刻む。美しい時とうつろいを見せてくださってありがとうございます。

  • Makiko

    2020年01月15日 19時17分

    いつもとは違った表情をみせる積雪の奈良。今冬は暖かく雪景色はまだですが、保山さんの映像と川上さんの音色で束の間季節を感じることができました。移り変わる奈良の姿をみせてもらえるのが楽しみです。

  • 神野眞琴

    2020年01月15日 21時44分

    保山さんの美しい映像とこころ打たれる川上ミネさんのビアノの音色に何度も何度も惹かれ癒やされ パワーをいただきました  移りゆくもの
    くりかえされるもの 新しく生まれるもの その瞬間瞬間が
    清い心になります

  • 桝本浩司

    2020年01月15日 22時00分

    この素晴らしい雪景色を日本中、世界中の人々にも是非見られるようにお願いします。
    先日、四季のないベトナム訪問して特に感じます。

  • 武田克美

    2020年01月15日 22時19分

    談山神社に深々と降る雪に清々しさを感じ見入ってしまいました〜とても素敵な映像です

  • 摩寿意 英子

    2020年01月15日 22時33分

    「やまとの季節 七十二候「雪 どこまでも清く」
    保山さんの 心洗われる映像と、川上ミネさんの生き生きとしたピアノ演奏が、まさにその場にいる様な 清々とした空気感を感じます。

  • 大井泰子

    2020年01月15日 23時22分

    雪の談山神社美しい映像でした。
    どうぞ沢山の人がこの映像を観れますよによろしくお願いいたします。
    忘れさられていく風景みんなの心の中に記憶として残ればと思っています。素晴らしい番組是非全国放送で。

  • 明石弘美

    2020年01月15日 23時28分

    毎回、素晴らしいです。
    忘れていた大切な何かを思い出すような気がします。
    奈良は行った事がありませんので映像で楽しみ感動しております。シェアさせて頂きます。

  • 純子

    2020年01月16日 00時31分

    テレビ番組、こころの時代の放送で保山さんのことを知って、こちらにたどり着きました。特別に耀く一瞬を見ることができる保山さん。すばらしいです。私も(撮影は無理ですが^^)こんな風に見ることのできる心と目を持ちたいです。奈良在住ではないので関西の番組は見ることが出来ません。全国で放送していただきたいです。
    談山神社、昨年春に参りました。美しい場所でした。雪に化粧された山も社殿も、凍れる葉も水滴も、こんなにに美しい!また訪れたいです。

  • 宮原 麻美

    2020年01月16日 02時56分

    暖冬の今年、なかなか雪を眺める機会が無いのですが、保山さんの映像を拝見して、記憶の中に閉じ込められていた「冬」が、胸の中に白い冷気となって、一気に流れ込んできたような気がしました。
     雪の作る静寂には、不思議と神聖な香りが漂うと思うのですが、保山さんの映像とミネさんのピアノの織り成す世界は、見事にその香りに包まれていると思いました。そして、無性に雪が恋しくなってしまうのでした(笑)
     ただ、何も考えず、降りしきる雪を眺めていると、ふと心の中のもう一人の自分に向き合える…そんなシーンに誘ってくださる作品でした。
     今回も、素晴らしい作品を、ありがとうございました。

  • 舟岡 孝子

    2020年01月16日 03時32分

    保山耕一さんの素敵な映像に、川上ミネさんのピアノが綺麗に合って、雪の白に花の色、雪のやわらかさ深々と降る雪。寒いですが奈良の四季を楽しむ保山さんの映像は感動をいつも与えてくださいます。
    NHKさん通じ見れること、たくさんの方にも見ていただきたいと思います。
    これからも楽しみにしております。

  • 湯浅美和子

    2020年01月16日 05時04分

    保山さんの投稿のたびに拝見シております。ネットというのは便利だと感じるのは
    こうやって関西のブログも東北にいて見られることですね。「ならなび」いつも楽しみにしています。
    保山さんの映像に心癒されている一人です。これからもお続けいただけましたら嬉しいです。
    川上ミネさんの演奏も保山さんの映像にピッタリでとても好きです。

  • 高野智子

    2020年01月16日 05時57分

    Eテレで放送された保山さんの映像を拝見し、こちらの番組を知りました。映像の、自然の自然な姿に感銘を受けております。自然の映像にここまで心を動かされるのは、初めてで…都会暮らしの自分にとって、こういった番組は、大変染み入るのかも知れません。
    保山さんの、強い想いが伝わってくるようで、人は、本当に素晴らしいな、と思います。人に傷つくこともあるけれど、やはり人や自然に励まされることに、改めて気づかされました。素晴らしい機会をありがとうございます。これからも、楽しみにしております。

  • 坂井 節子

    2020年01月16日 06時11分

    談山神社 始めて知った時には名前も読めませんでした。初冬に訪れましたが人も少なくガイドさんからしっかりとお話しを伺うことができました。
    雪がしんしんと降りそそぎすべての音を包み込んで消し去るような世界。建物も木々の色も白く変え きっと保山さん以外の訪問者はおられなかったでしょうね。
    川上ミネさんの奏でる音が時々お琴の音にも聞こえてきました。薄氷に閉じ込められた紅葉も寒そうですが寒椿はひっそりという言葉が似合いそうに慎ましく咲いていますね。。雪の白さとともにとても上品です。
    何時間の時がたったのか、、空は青空に変わり雪の白さがさらに際立ったように思えます。たった二分間 大人のおとぎ話の世界をみたようでした。

  • 鉄田憲男

    2020年01月16日 06時11分

    保山さんの素晴らしい映像を拝見しました。短い時間でしたが、凜とした雪景色に心が洗われる思いがしました。奈良ローカルだけでなく、より広いエリアで視聴できることを願っています。

  • 岩本雅代

    2020年01月16日 07時48分

    凛とした静かな時を感じ、音色と現在が静かに時を刻む。変わる事ない未来の、やすらぎを感じました。凄いです。もっといっぱい見たいです。

  • 荒木良二

    2020年01月16日 08時24分

    保山さんのただただ美しい映像世界に浸らせていただきました。川上さんのピアノの音が美の世界を更に包み込み、雪の奈良の古い塔をより一層際立たせ、訪れてみたくなりました。奈良を愛し、奈良を発信する保山さんの映像を全国の皆さんが観られるようにNHK さんが考慮して下さる事を京都から切に願っております。

  • 岡前佳津子

    2020年01月16日 08時52分

    今朝、窓の外が吹雪の景色となりようやく冬景色が見れるかと喜んだのもつかの間…すぐに溶けてしまいガッカリ。
    そんな時に美しい銀世界、それも清々しい空間、風景に暫し心洗われました。
    雪かきは嫌やけど、田んぼやスキー場にどうか雪よ降って下さい〜と願うこの冬なり。
    来週の放送を楽しみにしています。

  • 池田加寿子

    2020年01月16日 10時02分

    氷の下で重なる落ち葉、その氷の上に降っては溶けて行く雪、
    葉から落ちかけてこおてしまった雫、
    真っ白な雪にすっぽり覆われた紅い椿、
    そういう細部の美から場面が変わって、神殿と多層に重なる塔の映像に
    変わった時は、グッと心を掴まれる思いがしました。上手な演出。
    この光景が一番好きです。

  • 佐々木美保子

    2020年01月16日 10時23分

    ただただ静かで清らかな談山神社、全ての穢れが祓われ、神の美しさを感じます。ピアノの旋律も心に響きます。
    僅か2分足らずの映像ですが、心の波紋はどんどん広がり、豊かに満ち足りたものになります。
    いつも素晴らしい作品をありがとうございます。心に沁みる珠玉の作品を、多くの方に知って欲しい、是非全国ネットでの放送をお願いします。

  • 2020年01月16日 10時41分

    「雪 どこまでも清く」やまとの季節七十二候
    談山神社の雪は寂しくて、美しい。
    他の季節なら静寂を消すように、談い山、墓所へと歩く。
    どうぞ全国の皆様にもこの雪を見ていただけるよう 放送をお願いいたします。

  • 木村ゆみ

    2020年01月16日 10時52分

    心が洗われるような美しい映像でした。

    TVの大画面で見ることができて幸せです。
    72集まるのが楽しみです。
    その時には集めて放送していただけると嬉しいです。

  • T.M

    2020年01月16日 12時25分

    あまりの美しさ…本当に穢れない冬の景色…水が氷となって時を閉じ込める…言葉にならない程に感動致しました。
    また、この感動をお届けくださる為の努力、そして寒い中の撮影に感謝申し上げます!
    神戸在住ですが、全国にこの「日本の美しさ」を、特に若い方に見て頂きたいと存じます。

  • 荒木礼子

    2020年01月16日 12時31分

    -雪、どこまでも清く-今週も『やまとの季節七十二侯』に夫と二人、見入ってしまいました。京都在住ですが、保山さんの映像を拝見するようになって、まず、その場所についてネットで調べてから奈良へよく出かけています。先日明日香村に行った折にここから少し山の方に向かって進むと談山神社のある多武峰(とおのみね)だと道路標示があったことを思い出しました。
    多武峰は神に舞を捧げる能楽のふるさとである一方で、道元の後を継いで永平寺二代となった懐奘(えじょう)が若い頃に禅修行していたところなのだそうです。それを知ってもう一度この映像を見ると神仏に深く帰依する心がこの場所の空気に溶け込んでいるかのような、清らかさがそんなところからもきているような、そんな風に思いました。奈良の辿ってきた歴史は本当に奥が深くて、それもこの『やまとの季節』の魅力だと思います。日本人として見逃したくない。これからも心から楽しみに拝見します!

  • 竹花光晴

    2020年01月16日 12時51分

    保山さんの作品はどの作品も素晴らしいの一言です。1人でも多くの方に観覧していただきたいです。
    NHKさん放送の機会を広げてください。

  • 島岡和代

    2020年01月16日 16時27分

    談山神社の雪景色、凄く美しくて以前、奈良県立図書情報館館長さんがおっしゃった「保山さんの映像は美しいとか、綺麗とか、それを越した『清浄』という言葉で表されるのかなと思う。」とお話しされました。この談山神社の雪景色も、また、談山神社の回りの山々も保山さんが仰るように『結界』された別世界であると私も思います。談山神社への道のりは、いつ行っても清浄な空気に包まれていると感じるのです。わずか2分の映像ではありますがもっともっと心も澄み渡る映像を見ていたいと思います。奈良の私たちだけでなく全国の皆さんにもこの清浄な保山さんの映像を届けてください。よろしくお願いします。

  • 徳岡久美子

    2020年01月16日 18時00分

    保山さんの映像をいつも楽しみにしています。

    最近は雪が少なくなりましたが
    子供の頃は雪の積もった朝、
    その静けさに目が覚めました。
    すぐに布団から飛び起きて
    窓を開けて真っ白な
    シーンとした世界を
    見ていたことを思い出しました。

    関西に住んで長いのですが
    奈良のことをよく知りませんでした。
    保山さんの映像に出会って
    奈良が好きになり
    季節ごとに足を運ぶようになったこの頃です。
    映像の中の自然の息づき、美しさ。
    そんな世界に自分も生きていることに
    喜びを感じ、いつも少しだけ謙虚になります。

    これからも楽しみにしています。

  • 田中弘子

    2020年01月16日 22時39分

    雪どこまでも清く…
    しんしんと降る雪…の清らかな美しさ
    葉の先に凍る滴…
    心洗われ 冬の透き通る様な清らかな気配に満たされました
    こんなに美しく素晴らしい保山さんの映像を
    多くの方々に見て頂けたらと願っております
    毎週 関西弁ブログを楽しみにしております
    どうか全国放送となります様に…

  • ふく

    2020年01月16日 22時56分

    雪雲が雪を降り積もらせ、やがて青空になり、太陽が雪を輝かす。ミネさんのピアノの煌きも美しく…。今回も自然の煌きを見せていただきありがとうございます。

  • ふく

    2020年01月16日 22時56分

    雪雲が雪を降り積もらせ、やがて青空になり、太陽が雪を輝かす。ミネさんのピアノの煌きも美しく…。今回も自然の煌きを見せていただきありがとうございます。

  • 野尻恭子

    2020年01月16日 23時25分

    談山神社の雪景色を初めて見た気がします。
    水墨画のように降り積むかと思いきや、青空がのぞき、空が刻々と変わっていく。
    色の無い世界から入って鮮やかな赤、青空の青❕日の光が強まりつつある春を感じさせる季節の気配まで写し込む。
    たった2分なのに、モノトーンから強い色の世界へ‼️
    氷ついた止まった世界から春への予感へ‼️
    凄いなぁ。保山さん。どうか関東でも見られるようにしてください。
    よろしくお願いいたします。

  • 長尾 美和子

    2020年01月17日 06時59分

    「雪 どこまでも清く」を拝見させていただきました。
    今回も素敵な映像をありがとうございます。
    紅葉の頃の談山神社も素敵ですが、雪化粧の談山神社は、とても神聖な場所に感じます。
    しんしんという音が聞こえてきそうですね。

    奈良の素敵な映像を多くの方に見て欲しいと思います。

  • 祥佐

    2020年01月17日 23時47分

    この映像の全てが心を清くしてくださいました。
    凍った落ち葉に雪が落ちるのは少し胸が辛くなりましたが、雪を被っても小さな芽を持ち青空に伸びる枝は清々しく強く、心が広がる思いです。
    寒く冷たい雪の中を撮影され、素晴らしい映像を見せてくださる保山耕一さんに感謝します。
    放送してくださるNHKさん、ありがとうございます。

  • 井元路子

    2020年01月18日 20時11分

    談山神社の朱色椿の赤、白い雪とのコントラストがえも言われぬ世界へ連れて行って下さいました。川上ミネさんのピアノのが雪が舞い落ちるように降り注ぎ、雪の積もったもみじの木の雪の白と空の青さが目にしみました。録画した映像を部屋を暗くして何回も観ています。奈良県だけではもったいない。どうか、全国の方にも観ていただきたいです。

  • 上村幸栄

    2020年01月21日 09時30分

    ネットサーフィン中に偶然こちらのブログにたどりつきました
    保山さんの映像に、穏やかな風景と鋭く厳しい時間のうつろいのようなものを感じ、ピアノの緊張感ある音を聴きながら 魅入ってしまいました

  • 加代子

    2020年01月21日 14時17分

    雪積もる塔の屋根を下から見上げた映像は美しい。まるで雪を計算して、形、色を決めたかのよう。
    また、小枝に積もる大小の雪、まるで雪の花で、これも赤い庇と黒い釣り灯篭をバックに、華やかで楽し気です。
    雪もやみ、やがて青空に。枝に括りつけられたおみくじはきっと神様が見てくださっています。
    ミネさんのピアノも本当に素敵です。

  • 向井麻子

    2020年01月21日 18時03分

    ただただ美しく神秘的な映像は保山さんにしか撮れないものなんだろうと有難くいつも拝見させていただいております。出会えたことに感謝です。

  • ヒロユキ

    2020年01月21日 18時36分

    で、全国放送はいつからでしょうか??(^_^)

    ※この番組をみることができる奈良のみなさんがうらやましいです。
     深夜帯でもよいので是非全国で放送をお願いします。

  • かし

    2020年01月21日 20時39分

    静謐を湛える映像からは、季節の、時のうつろいの美しさと、うつろいを裏付けるエネルギーさえ伝わるように感じます。
    タブレット、スマートフォンでは窮屈なので、是非、全国のテレビで見られますように。父や母にも見てほしい。

  • kayoko.k

    2020年01月21日 22時28分

    岑岑と降る雪は神聖な場所をより清め、人の欲を祓う
    結界の内側となる。崇高な空気を、ピアノの音色でさらに感じる。この気高い映像を、ぜひ全国の皆さんにも感じてもらいたいです。

  • 永井有子

    2020年01月22日 17時50分

    「雪 どこまでも清く」をいつものように観賞させて頂きました。

    俗世と切り離された雪の光景が心に染み入り、
    日常のあくが洗い落とされるようです。


    一日の中でこのような数分間を持てる幸せ。
    まさに何物にも替えがたいものです。
    広い地域で放映されることを願ってやみません。

  • 松元智恵子

    2020年01月23日 08時25分

    奈良県外在住につき、関西ブログで『やまとの季節、七十二候』を楽しみにしています。保山さんの映像詩と川上ミネさんの100年ピアノの音色に毎回癒されてます。ありがとうございます。奈良の平野では積雪になる事は希で、地上に辿り着いても溶けてしまう。談山神社の雪景色。落葉が氷に閉じ込められ、氷の上に雪が・・・時が止まる。自身の心も純白に染まり癒され清められます。保山さんの解説とともに統括版にして頂き全国ネットで見たいです!