JOBK情報

2017年03月17日 (金)

好評!開催中「べっぴんさん」セット公開

170316set10_logo.jpg

 

3月10日(金)に、連続テレビ小説”べっぴんさん”セット公開が、NHK大阪放送局アトリウムで始まって1週間が過ぎました。

おかげさまで好評です。ありがとうございます。

今回はちょっと視点を変えてみることで楽しめるセット公開をご紹介します!

 

 

170316set1_logo.jpg<NHK大阪放送局に”再現”された港町商店街>

  

170316set13a_logo.jpg

 <港町商店街の”表側”>

 

ご覧になった方からは、「よくできてますね」との感想を頂きます。

カメラに映る”表側”のレンガやモルタルぶきの壁などは、発泡スチロールに色を塗ったり装飾を施して、本物に見えるようにつくられています。しかしセットの裏はというと・・・ 

 

 

170316set6_logo.jpg<金属の足場や木の枠で支えられるセット>

 

 

170316set20_logo.jpg<裏側は木材がむきだしで構造がよくわかる>

 

 

ベニヤ板のパネルや金属製の足場、木の骨組みでセットを支える姿が見られます。今回のセット公開は、これまでに比べ、よりセットの裏側を観察できやすくしています。

 

 

170316set21_logo.jpg

 

170316set8_logo.jpg平台の上に建てられた「レリビィ」のセット>   

 

                            

地面を掘れない、柱を建てられないところですから、セットの基礎は約180cmX90cmX15cmの「平台」と約45cmX30cmx15cmの「箱足」という木製のブロック状のものを組み合わせて構成され、その上に壁や柱や天井をのせてつくられます。

また「引き枠」と呼ばれる台車に乗ったセット全体が、自由に移動できるようにも工夫されているんです。

 

 

170316set9_logo.jpg

 

170316set22_logo.jpg

 

 

そしてこちらの金属製の扉。見覚えありませんか? 実は!去年の「あさが来た」の加野銀行で使用したセットの一部を”再利用”しています。

                           

 

170316set26.png

<「あさがきた」加野銀行>

 

 

セットの材料は使い捨てではなく、柱や扉・窓など、これまでのドラマでも使われていたものをこうして再利用しているところもあります。

熱心な連続テレビ小説ファンのみなさま!今回のセット公開で再利用されているものを見つけるのもセット公開の楽しみ方の一つです。

 

 

170316set31_logo.jpg

 

 

あす18日(土)から20日(月・祝)まで3連休の方もいらっしゃるとおもいます。

NHK大阪放送局にお越しいただき、「べっぴんさん」セット公開をお楽しみください。

 

<べっぴんさんセット公開は3月26日(日)まで、午前10時~午後6時までNHK大阪放送局アトリウムで開催しています>

<アクセスマップ>  ⇒  http://www.nhk.or.jp/osaka/map/index.html

                      

■ コメント(2)
  • rikati

    2017年03月17日 22時52分

    先週見に行きました。ドラマのセットの中を見られる、歩けると浮き浮きワクワクしたことを思い出します。今日もべっぴんさん見ながら、あ、電話ボックス❗など、先週見たセットを思い出して興奮しました。今日のブログを読んで、そうだったんだ~と知ることも。是非沢山の方が見に行けますように。

  • SEIICHI

    2017年03月18日 17時26分

    セットがリサイクルされてるのは、初耳であります!