ウイークエンド関西

2021年09月11日 (土)

古き暮らしが心通わせる町 ~大阪 富田林 寺内町~

タイムスリップしたかのような木造住宅の町。
大阪富田林市寺内町に暮らす古いものの良さを大切に守り続ける人たち。
布団をよみがえらせる驚きの技


◆寺内町へのアクセス
近鉄阿倍野橋駅から河内長野行きに乗り、45分で富田林駅へ。
そこから5分ほど歩いたところが寺内町がある。

◆木綿の商売をしていた木口家について
江戸時代から木綿の商売をしてきた家系の家。いまも当時の家が残されている。
いまは木綿の商売は行っておらず、祖父の代からは、焼き物の販売をしていた。
現在、お店は閉めている。
※民家のため、家の中は非公開
これ以上の情報は個人情報のためお伝えできません。

◆江戸時代から布団の商売を続ける中林さんについて
布団を長く使い続けられるように、綿の打ち直しを得意としている。
お客さん1人1人に合わせて、布団や座布団などオーダーメイドができる。
ネットでも販売を受け付けている。https://www.ofuton.com/
電話 0721-24-2224
※個人情報に関わることはお伝えできません。

◆寺内町の移り住んだ箱田さんご夫妻について
寺内町で、余ったものを有効活用して日常雑貨を作るお店を営んでいる。
本業はエプロンのお店で、余ったはぎれを使って、
マスクケースやターバンなどを作っている。
電話 0721-51-4411
住所 大阪府 富田林市 富田林町 24-4


過去の放送はコチラ!

ウイークエンド関西

もっと見る

おはよう関西

もっと見る

かんさい熱視線

もっと見る

ほっと関西ブログ

もっと見る

関西 NEWS WEB

もっと見る