ウイークエンド関西

2020年05月16日 (土)

びわ湖ホールの奇跡 舞台裏に迫る

4年ごしで取り組んだワーグナーの巨編上演。
大規模イベントの中止・延期方針を受けて見いだした策とは?
世界中から40万のアクセスを集めた「びわ湖ホールの奇跡」の舞台裏に迫る


◆3月7日と8日に上演された「神々の黄昏」のブルーレイディスク発売について

6月下旬から発売開始予定とのことです。2日間にわたり上演されましたが、
各日、出演者が異なるため、3月7日版、3月8日版と、2つのバージョンが発売される予定とのことです。

購入方法など、詳しくは、下記までお問合せください。

びわ湖ホールチケットセンター(電話 077-523-7136)
※ びわ湖ホールは、5月31日まで休館中ですが、電話のみ対応しています。
受付時間は、午前10時から午後5時まで。火曜日はお休みです。

5月31日に休館が解除され、直接、ホールをたずねる場合には、
びわ湖ホール2階 総合案内 チケットセンター窓口をおたずねください。


◆インタビューした人

滋賀県立芸術劇場 びわ湖ホール 館長 山中隆(やまなか・たかし)さん
滋賀県立芸術劇場 びわ湖ホール 芸術監督・指揮者 沼尻竜典(ぬまじり・りゅうすけ)さん
メゾソプラノ歌手 二期会会員 池田香織(いけだ・かおり)さん
※3月8日 ヒロイン・ブリュンヒルデ役で出演
ドイツ・キール歌劇場 専属宮廷歌手 バリトン 髙田智宏(たかだ・ともひろ)さん
※3月8日 グンター役で出演


◆3月7日、8日に行われた「神々の黄昏」の舞台について

ワーグナー作曲《ニーベルングの指環》の完結編「神々の黄昏」。
全4部作からなる壮大なオペラ。びわ湖ホールでは、2014年から準備をはじめ、
2017年に「ラインの黄金」、2018年に「ワルキューレ」、2019年に「ジークフリート」と、
自主制作し、毎年1作ずつ上演を続けてきました。

指揮者・沼尻竜典さんは、3月7日、8日ともに、京都市交響楽団を率いて、指揮をしていますが、
3月7日と8日と、キャストは異なります。インタビューにご出演いただいた池田香織さん、髙田智宏さんは、お2人ともに、3月8日の出演者です。


◆びわ湖ホールの公演中止やチケット発売状況について

公演の中止や延期が発表になっている状況ですが、一部の公演については、座席数を減らして、
チケット販売をはじめているものもあります。

詳しくは、こちらのホームページでご確認ください。
https://www.biwako-hall.or.jp/topics/20200423_7521.html

最新の情報は、ホームページのほか、
びわ湖ホールチケットセンター(電話 077-523-7136)にお問い合わせください。

※ びわ湖ホールは、5月31日まで休館中ですが、電話のみ対応しています。
受付時間は、午前10時から午後5時まで。火曜日はお休みです。


過去の放送はコチラ!

ウイークエンド関西

もっと見る

おはよう関西

もっと見る

かんさい熱視線

もっと見る

ほっと関西ブログ

もっと見る

ニュースほっと関西 特集・リポート

もっと見る

関西 NEWS WEB

もっと見る