とっておきニュース

2018年09月17日 (月)

伊勢エビ漁解禁 地元で初水揚げ

2000007444_20180917123736_m.jpg本州最南端、和歌山県串本町で伊勢エビ漁が解禁され、17日、地元の漁港に今シーズン初めて水揚げされました。

串本町の伊勢エビ漁は16日に解禁され、地元の漁業者たちは、沖合1.5キロ、水深およそ30メートルに仕掛けておいた刺し網を引きあげ、17日の朝早く港に戻りました。
港の近くにある作業小屋まで運んだあと、家族も手伝いながら、とれた伊勢エビの触角や脚を折らないよう注意しながら、1匹1匹、丁寧に網から外していました。
この日とれた伊勢エビは、200グラムから300グラムほどでしたが、中には400グラムほどのものもかかっていました。
地元の漁協によりますと、ことしの伊勢エビは、例年とほぼ同じ1キロあたりおよそ5000円で取り引きされるということです。
漁を行った中川与志夫さんは「初日は台風で、しけた影響もあり数が少なかった」と話していました。
串本町の伊勢エビ漁は、来年3月まで行われるということです。

とっておきニュース

もっと見 る

関西 花鳥風月

もっと見る

とっておき動画

もっと見る

ニュースほっと関西 特集・リポート

もっと見る

ほっと関西ブログ

もっと見る

関西 NEWS WEB

もっと見る

京都 NEWS WEB

もっと見る

兵庫 NEWS WEB

もっと見る

和歌山 NEWS WEB

もっと見る

滋賀 NEWS WEB

もっと見る

奈良 NEWS WEB

もっと見る

関西 芸術・文化

もっと見る

おはよう関西

もっと見る