高校駅伝女子

2019年12月13日 (金)

【高校駅伝女子】~世羅(広島)~

2019_sera_1.jpg

4年前、男女アベック優勝を果たした、世羅高校。
長くチームを率いた岩本監督が退任し、今年は新体制で都大路に臨みます。

2019_sera_2.jpg

女子の監督は、去年部長を務めていた中川久枝監督(写真左)
ご自身は短距離の出身で「長距離は初心者マークです」と話しながら、
男子の大工谷秀平監督(写真右)やコーチらと相談して練習を指導しています。

女子は、1,2年生12人で臨む今年の全国高校駅伝。中川監督は、「来年につながるようなレース・経験をしてほしい」としながらも、ケガ人も復帰しチームの状態は上向き。
高校総体3000mチャンピオンのテレシア・ムッソーニ(2年)を中心に、3年ぶりの8位入賞をにらんで調整を続けています。

2019_sera_3.jpg

(大阪放送局アナウンサー 三輪洋雄)

 

全国高校駅伝 特設サイト↓↓↓
ekiden2019-s.jpg

 

スポーツ

もっと見る