スポーツ

2022年12月07日 (水)

関西勢飛躍のW杯 ふるさとにも感謝!

サッカーワールドカップカタール大会で目標のベストエイト進出を果たせなかった日本。
それでも優勝経験のあるドイツ、スペインから勝利を挙げ、その戦いぶりは大きな注目を集めました。
戦いを終えた関西ゆかりの選手たちのことばで印象に残ったのは、ふるさとへの感謝の思いでした。

W杯取材班/大阪放送局・福島康児記者

sports-soccerwp1207_1.jpg

円陣を組む日本代表

【前田大然選手 ~小さな町から世界へ~】

決勝トーナメント1回戦で、ペナルティーキック戦の末に敗退が決まった日本。
前田大然選手が試合直後のインタビューで最初に口にしたのが「この舞台に立てたのは本当にいろいろな人の支えがあったからだ。まずはそういった人に本当に感謝したい」ということばでした。
前田選手は大阪府南東部にある小さな町、太子町の出身です。
役場に激励の横断幕が掲げられ、町主催の応援会も開かれるなど大きな期待を集めるなかで臨んだ大会。tuika1taishi3.jpg

 88tsuika2.jpg

 

前田選手は「本当に小さな町なので、自分が活躍することで、こういう町からでも世界で戦える選手が出てこられるということを証明して子どもたちに勇気を与えたい」と意気込んでいました。
その気持ちはプレーでしっかりと見せました。
前線から相手にプレッシャーをかけ、ボールを奪いに行く役割に徹し、スペイン戦では前田選手のプレスを受けた相手のパスが甘くなったところから、同点のゴールが生まれました。
そして、クロアチア戦では待望のワールドカップ初ゴールも決めたのです。

sports-soccerwp1207_2.jpg

クロアチア戦でゴールを決めた前田大然選手

【地元にとっても特別な存在】

今回の日本代表には、関西ゆかりの選手が6人選ばれました。

▼堂安律選手 (兵庫県尼崎市出身)
▼南野拓実選手(大阪府泉佐野市出身)
▼鎌田大地選手(京都・東山高校卒業)
▼守田英正選手(大阪府高槻市出身)
▼前田大然選手(大阪府太子町出身)
▼町野修斗選手(大阪・履正社高校卒業)

その存在は、選手の地元の人たちにとっても、特別なものでした。
日本代表で最も輝いたと言える堂安選手
1次リーグでは、ドイツとの初戦に途中出場し、同点ゴール
スペインとの第3戦では得意な角度から強烈なミドルシュートをたたき込み、チームを勝利に導きました。
さらに、クロアチア戦でも絶妙のクロスボールをあげて先制点を呼び込むなど、まさに攻撃の中心選手として存在感を示しました。

sports-soccerwp1207_3.jpg

ゴールを決めて 雄たけびをあげる堂安律選手

sports-soccerwp1207_e.jpg堂安選手が小学生時代に所属したサッカーチームも応援

「尼崎の誇り」「興奮がおさまらない」「偉大な選手が生まれたことをうれしく思う」「堂安選手はいろいろ尼崎を応援してくれる。今度は私が応援したい」
その活躍に対するインタビューやSNS上での声です。
地元を熱くさせるだけでなく、より強い結びつきが生まれていました。

また、司令塔の鎌田選手には、出身校の京都、東山高校の選手たちが応援。
多くの生徒がその姿を目標にしたいと話しました。

sports-soccerwp1207_5.jpg鎌田大地選手

sports-soccerwp1207_4.jpg

守田英正選手

大会直前のケガを乗り越えて、中盤の攻守の要として活躍した守田選手については、現地まで観戦に訪れた中学時代の恩師の隠岐尚武さん「地元でサッカーを頑張る子どもたちにとって、守田選手は本当に大きな存在になった」と話しました。

sports-soccerwp1207_b.jpg

守田選手の中学時代の恩師 隠岐尚武さん

【南野拓実選手 ~ふるさとのためにも糧に~】

一方、関西勢の中には人一倍悔しい思いをした選手もいます。
エースナンバーの背番号「10」を背負った南野選手は、ドイツ戦で堂安選手のゴールにつながるボールを出しました。
しかし、大会を通して出場機会は限られ、クロアチアとのペナルティーキック戦では「決めて流れを作りたい」と最初のキッカーをみずから志願しましたが、相手ゴールキーパーに阻まれ、試合後、大粒の涙を流しました。

sports-soccerwp1207_6.jpgPKで敗退し倒れ込む南野拓実選手【中央】

試合翌日、ふるさとの泉佐野市への思いを聞くと、表情を少しだけ緩ませ「子どものころ僕の地元はプロサッカー選手になった人もいなくて“サッカー過疎地”だった。自分の存在でサッカー選手を目指す子どもたちが増えていると聞くし、僕自身もっと成長して背中を追いかけてくれる子どもたちが増えたらうれしいと思う」と話し、ふるさとのためにも、この大会を糧にさらに成長を遂げることを誓っていました。

sports-soccerwp1207_c.jpg

ふるさとへの思いも胸に世界に挑んだ日本代表の選手たち
その活躍は地域のスポーツの活性化にも大きな役割を果たしそうです。
今大会の熱量を保ちながら次に向かっていくこと、そして、歴史を変えるという強い意志を後に続く世代に受け継いでいくことが、今回見られなかった新しい景色を見るためにも重要な要素になると思います。

 

ニュースほっと関西 ホームページ

関西 NEWS WEB

関西のスポーツ

もっと見る

プロ野球のニュース一覧

もっと見る

大相撲のニュース一覧

もっと見る

サッカーのニュース一覧

もっと見る

東京五輪・パラのニュース一覧

もっと見る

フィギュアのニュース一覧

もっと見る

おすすめの記事・特集@SPORTS STORY

もっと見る

人気の記事ランキング@SPORTS STORY

もっと見る

最新の記事@SPORTS STORY

もっと見る

高校野球NEXT

もっと見る

関西 NEWS WEB

もっと見る