スポーツ

2020年12月18日 (金)

【全国高校駅伝】解説者コラム ~千葉真子~

kaisetsu_chibamasako_20201218.jpg

  千葉真子 

アトランタオリンピック 日本代表

(女子・ラジオ第1担当)

 

優勝候補筆頭は『負ける要素が見当たらない!神村学園(鹿児島)』

前回メンバーが全員残って、さらに力をつけ、3000mの平均タイムが9分4秒。経験値がある中でスピードに磨きがかかっています。非の打ちどころがありません。県大会では都大路の大会記録を上回るタイムが飛び出し、全国大会ではアンカーにシンシア・バイレ選手を配置できれば心にも余裕が生まれそうです。 

待ったをかける一番手は2年連続で男女そろっての優勝を狙う仙台育英(宮城)』

去年の優勝メンバー小海選手、米澤選手、山中選手に加えて、スーパールーキーの杉森選手の加入で、去年の県大会記録も更新しました。ピーキングにも定評があるだけに、本番ではさらなる上積みがありそうです。

この2校に続きそうなのが、近畿勢の須磨学園(兵庫)、薫英女学院(大阪)、立命館宇治(京都)です。近畿大会でのアンカー勝負のように競り合いながら上位に食い込みたいところです。

さらに前回3位の筑紫女学園(福岡)を抑えて、都大路への切符をつかんだ北九州市立、初入賞を狙う学法石川(福島)、また興護館(岡山)と世羅(広島)の中国勢も侮れません。

ただ…予想通りいかないのが駅伝の醍醐味でもあります。私自身、全国高校駅伝1区はオリンピックよりも緊張し、まさに緊張の波に呑み込まれ平常心を保てませんでした。当日に全員がピークを合わせる能力と適材適所の区間配置も大きく順位に響きます。

全国高校駅伝も高速化の波に乗り、女子は1時間5分台に突入する可能性も十分あり!

トップ選手はもちろん、ふるさとを代表して走る選手にも温かいエールをお願いします。

持てる力を全て出し切れ、高校ランナーよ!

 

全国高校駅伝 特設サイト↓↓↓

ekiden2019-s.jpg

スポーツ

もっと見る