スポーツ

2020年12月17日 (木)

【全国高校駅伝】解説者コラム ~揖斐祐治~

 kaisetsu_ibi.jpg

揖斐 祐治 

岐阜協立大学駅伝部 監督

(男子・ラジオ第1担当)

上位入賞

去年同様に強豪校が県予選などで好成績を収めています。連覇を狙う仙台育英(宮城)、5000mを13分台で走る実力のある選手をそろえる佐久長聖(長野)、強力な留学生に加えて13分台で走る日本人選手を3人擁する世羅(広島)、去年惜しくも優勝を逃した倉敷(岡山)。各校の力が拮抗しているため、ミスをした高校から優勝が遠のく、しれつなレース展開が予想されます。

入賞ライン

ここ数年8位入賞ラインが2時間5分台で推移していましたが、去年は2時間2分に跳ね上がりました。ことしも1区から速いレース展開となれば、入賞ラインが2分台後半から3分台前半になりそうです。また各都道府県予選・地区大会の結果から8位入賞圏内の高校が15校ほどあり、特に4位から8位までは激戦が予想されます。

1区の『区間賞』争い

高校生一流ランナーの証、5000mを13分台で走る選手がことしは22人と群を抜いて多いです。例年10人程度でしょうか。13分台の選手が1区を走るとは限りませんが、ことしは高校歴代1位の石田洸介選手(東農大二)、2位の伊藤大志選手(佐久長聖)、また13分40秒台の選手も多数走ると予想され、去年16年ぶりに更新された区間の日本人最高記録が再び更新される可能性があります。しれつな『区間賞』争いや、去年、これまでで最も多い7人が誕生した、28分台ランナーが何人誕生するかなど、みどころが多い注目される区間になると思います。

  

全国高校駅伝 特設サイト↓↓↓

ekiden2019-s.jpg

スポーツ

もっと見る